父方の祖母が福井県から北海道に来た事を知ったのがいつだったか、忘れてしまったが、その生家が寺と知ったのは10年ほど前である。住職となる僧は寺の娘を坊守に迎へるのが普通である。しかし、迂闊にもそれに思ひ当たらないまま、といふか関心が向かはないまま数十年過ごしてゐたのだった。そして、たしか2年前に寺の名を知った。何でもすぐわかる時代で、検索すると細かい住所もわかった。

 実は、43年前にそこの現住職と父の生家で会ってゐる。当時は、彼が僧侶で遠い親戚らしいといふだけの認識で、それ以上は知らうとも思はなかった。もう一人の遠い親戚らしい人物も一緒で、皆ほぼ同年齢で話が合ひ、それだけで十分だったのだ。

 さういふ過去があるので、いつか行ってみたいとは思ってゐた。父方の祖父は富山から渡道してをり、それは小学生の時から知ってゐるが、富山にはさほど強くは心が動かない。祖父は私が生まれるずっと前に他界してゐるから馴染みがないのだ。祖母は物心ついてから毎年会ってゐて、その都度小遣いをくれた。だからといふわけではなく、私は祖母が好きだった。そして、彼が現住職である事をフェイスブックで知ったのが約1年前、43年前の一件もあって行きたい気持ちが募った。


 ところで、私は小式部内侍の大ファンである。彼女の歌は百人一首にある「大江山・・・」しか知らないが、それしか伝はってゐないやうでもある。高校生のとき、学習雑誌でこの歌にまつはるエピソードを知って以来、ずっと理想の女性と思ってきた。だから、天橋立に行きたいといふ気持ちを持ち続けてゐた。


 さてこの度、その両方を訪れる機会に恵まれた。寺といふのは滅多なことでは引っ越さないので、祖母が生まれてから140年ほど経ってゐるが、当時と同じ場所にある。だから、改築されてはゐるものの生家である事は間違ひない。現住職は17代目と知ったので、もし移転してゐなければ450年くらい同じ場所にあるのだらう。それはさておき、双方の家系確認や43年前の事情など、色々な語り合ひはとても楽しいものだった。

 翌日は天橋立である。全部つながってゐると思ってゐたが、手前が少し切れてをり、橋を二つ渡った。写真は何度も見てゐるが、自分の足で行くとやはり違ふ。砂嘴の長さは2.6kmで、そのうち700mほどを歩いてみたが、見どころがいくつかあった。それらは割愛するが、浜が海水浴場になってゐるのには少し驚いた。この辺の人は日本三景で泳ぐのか・・・。地元民にとっては特別な事ではないのだらうと気づいたが、それにしてもうらやましい。戻ってから背後の山に登ると、まさしく写真で見る通りの景色、股のぞきもやってみた。また、文殊堂で扇をかたどったおみくじを引くと大吉、天気の良さもそれだったかとこじつけた次第である。


 あと、寺から30分ほどで行ける三方五湖と、舞鶴の引き上げ記念館にも行ってきた事を付記しておく。二か所で風光明媚を楽しみ、歴史の勉強もしてきた。ルーツ関係も当然含めて、ほぼ大満足の旅であった。43年前の「もう一人」(住職のいとこ)に会へれば「ほぼ」が取れるのだが、電話で話せたので良しとしやう。

 
スポンサーサイト
line
 籠池氏の証人喚問を見た。森友学園の小学校設立の経過に異例な事がいくつかあり、それらが森友に有利な事だったので、政治家の関与が推測された。そこで、その政治家は誰か、関与が適法なものだったのか、といふのが関心を呼んでゐるわけである。

 証人喚問が行はれる事になったきっかけは、籠池氏が安倍首相から100万円の寄付をもらったと発言した事だった。それで、喚問でも当然その点が取り上げられたが、最初に登場した自民党の西田氏は、作り話ではないかといふ印象を持たせるべく質問を構成してゐたが、籠池氏は寄付を事実とした。他の委員も取り上げたが、それらを総合してみると・・・。

 私には籠池氏に分があるやうに思へた。前回書いた通り、物証はなく、昭恵さんの言動だけが根拠だったが、その描写がかなり具体的だったからだ。推理小説などで「犯人しか知り得ない事柄」といふ表現があるが、昭恵さんが人払ひをして寄付金を渡した事、その際やその後の発言などがそれに当たるやうに思はれる。ただし、それらが作り話だといふ可能性を全否定はできない。

 人払ひについて、秘書か護衛かわからないが当日同行してゐた二人の官僚は、さういふ事はなかったと言ってゐるさうだ。それも「作り話」とする理由になってゐたが、口裏を合はせたといふ可能性も全否定はできない。仮に幼稚園の職員を喚問し、彼らが100万円入りの封筒を見たと証言しても同じことが言へる。要するに水掛け論なのである。

 従って、結局「印象」の問題になるわけで、私は上記の印象を持った。多くの国民が私と同じかどうかはわからないが、安倍首相を支持する人は、おそらく逆の印象を持ったと言ふだらう。


 一般的な事を言へば、かういふ場合の多くは権力側が有利である。権力側は「正史」を作る権限を持ってをり、正史は権力側に都合よく書かれるのが常である。正史云々はさてをき、一私人の主張ではなく政府の公式見解が事実とされる。前者が真実だったとしても、それはひっそりと語られるにすぎない。


 ところで、仮に私の印象の通り、安倍首相が寄付をしてゐたとする。その場合、彼の選挙区ではないから寄付自体は違法ではない。また、政治家が陳情を受けてそれに沿ふやう努力する事も違法ではない。政治家安倍晋三が、この件で籠池氏から陳情を受けた事実はない(*)やうだからそれは措くとして、適法な寄付行為をなぜ隠すのか。

 一つには額の大きさがあらう。収入から考へて、10万円以下なら特に隠す必要はあるまい。実例があるかは知らないが、靖国神社に参拝して玉串料を出す事は何度もやってゐる。5万円ほどらしいが、玉串料は寄付ではないもののそれに近い性格がある。しかし、100万円は寄付としては大金で、寄付先との特別な関係を推測される。一国の首相たる人物が、寄付によって一私人との関係を取り沙汰されるのは何かと不都合だらう。

 もう一つは、彼の教育方針に関はる重大事だ。籠池氏は幼稚園児に教育勅語を暗唱させてゐるが、小学校でもおそらくその方針を採るだらう。その教育勅語は公式に否定されてゐるが、良い事が書かれてゐるといふ主張も珍しくない。確かに、夫婦相和しとか朋友相信じなどの所謂徳目には「良い事」といふ評価ができる。しかし、教育勅語の核心は「以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ」にあり、敗戦後、新憲法に基づく国家再建に相応しくないから国会で失効確認の決議がされたのだ。

 さういふものを教育の根本理念とするのは、私立と言へども好ましくない。ましてや、総理大臣がさういふ学校の設立に向けて寄付するのは、仮令少額でも許されない。だから何としても隠し通す、と言ふよりしてゐない事にする必要があり、そのためには政府機関を総動員することもあり得る。もっとも、総動員すれば必ずどこかから漏れるから、実際には必要最小限だが、動かぬ証拠がない限り、それは成功する。


 なを、冒頭に書いた「異例」の件については、迫田氏などが参考人として招致される事になり、現状より実態が見えてくる可能性がある。それを見て記事を書くかどうかは未定だが、現状では不明なことが多いとしか言へない。


(*)籠池氏が、定期借地の期間を規定の10年より長くしてもらへないかと昭恵さんに頼み(携帯電話の留守メッセージ)、昭恵さん付きのタニサエコといふ人(官僚)が財務省に交渉し、彼女から難しいといふ返事をファックスでもらったといふ事で、彼が証言席でそれを読み上げた。依頼が事実だったとしても、安倍晋三への陳情ではない。
line
 森友学園の籠池理事長が国会で証人喚問されることになった。その経過は異例だ。小学校開設のための土地取得に関はる疑念が発端だが、野党はそれらを明らかにするために参考人招致を要求してゐた。対して与党は、違法性がない事を理由として応じず、招致は難しいといふ見方が支配的だった。

 ところが、昨日(3/16)事態は一変した。籠池氏が、「すべて国会で話す」「安倍首相から100万円の寄付をもらった」と発言したからだ。どっちが先か忘れたが、「寄付」に与党が反応した。自民党の竹下亘国対委員長は「首相に対する侮辱だ」と言ったが、それが参考人招致を飛び越えて証人喚問にした理由の一つで、あるいは最大の理由かもしれない。それが経過の異例さである。

 ともあれ面白い事になってきた。籠池氏を自宅に訪問した野党の議員団によれば、寄付者名簿に安倍首相の名はなかったといふ。それが事実で寄付も事実なら、何らかの理由で名簿に載せなかった事になる。その理由は想像に難くない。

 安倍首相は寄付してゐないと明言した事が官房長官によって語られた。一方籠池氏は、夫人から手渡され、その際「夫からです」と言はれたとしてゐる。どちらが真実か、客観的には物証を持たない籠池氏が不利である。何によらず、不存在を証明するのは存在を証明するより難しい。安倍首相としては「寄付してゐない」と言ふよりほかに手段はなく、何かの動かぬ証拠があれば簡単に崩れる。逆に、それがなければ崩せない。

 籠池氏が、名簿にないのに寄付を事実と主張するなら、首相夫人の言動を根拠とするよりないだらう。すると、第三者の証言がない限り水掛け論になる。仮に夫人に証言させても同じで、結局印象だけが残る事になる。安倍首相は最近よく「印象操作」といふ言葉を使ふが、この場合「操作」ができるだらうか。方法としては質問のしかただらう。与野党ともに質問に立つはづだから、質問の巧拙が物を言ふことになる。ただし、寄付したといふ印象が勝ったとしても、それで内閣が倒れる事にはなるまい。

 寄付があったと前提すれば、一つの「落としどころ」としてかういふ事も考へられる。即ち、昭恵さんが個人として寄付した、安倍晋三は関与してゐないといふものだ。名簿に載せなかったのは首相夫人であることを考慮したためとする。それなら私人の行為として一応片付く。ただし、昭恵さんが果たして純然たる私人かといふ問題はあるのだが、そこは何とか切り抜けるものとする。もちろん、籠池氏が前言を翻せばそれで寄付の件は終わり、彼は信用を失ふ事になる。


 さて、問題は寄付だけではない。むしろ、土地取得と学校開設の経過がそれより大きい問題なのだ。これがどの程度明らかになるかは予断を許さず、とにかく経過を見ることにする。23日の国会は注目の的である。


 ところで、一つ気になった事がある。それは竹下氏の発言にある「侮辱」が果たして適切かといふ事だ。寄付してゐないのに寄付したと言った、といふのが前提だが、それが侮辱なのか。「新明解」には「相手を見下して(ばかにして)ひどい扱いをすること」、「デジタル大辞泉」には「相手を軽んじ、はずかしめること。見下して、名誉などを傷つけること」とある。共通するのは「見下す」で、実際、「侮辱」にはその語感がある。

 籠池氏が安倍首相を見下してゐるといふ印象はない。それどころか、思想的に共鳴してをり、尊敬の対象ですらある。だからこそ「安倍晋三記念小学校」といふ名称に(当初)してゐたのだ。仮に「裏切られた」といふ思ひがあったにせよ、尊敬からいきなり侮辱に転落するとは考へにくい。寄付があった事を述べる際にも、「恐縮ですが」と枕をつけてゐた。これが見下したうえでの皮肉だったとも思へない。

 そんなわけで、「侮辱」は適切ではないと私は考へる。ならばどう言へばよかったか、愚考するに「無礼」あたりが適切だった。だが、「無礼」では証人喚問に値しないので敢へて「侮辱」にしたのかもしれない。それは竹下氏の言語能力と政治能力の問題だ。国対委員長だから政治能力はあるのだらうが、言語能力については考へる材料がほとんどない。「名誉毀損」(法律用語だが一般にも使はれる)でもよかったかもしれないが、それでもなかったから、さほど高くない事が僅かに窺へる。

 事の経過にをいては些細な事だらうが、「言葉にうるさい人間」として、書いてをく次第である。 
line
 私は高校1年の終わりに留萌市から小樽市に引っ越した。人口が3万台前半の小都市から20万弱の中都市への移住は何かと新発見をもたらした。その最初のものは高校がたくさんある事だった。留萌には一つしかなかったが、その一部である工業科が独立して、私が進学した時に二つになった。しかし、工業科新設の際すぐそばに建てられた別棟の校舎がそのまま使はれたこともあって、高校が二つといふ感覚はあまりなかった。

 小樽には道立だけで五つの高校があり、さらに私立が三校あった。人口比を考へると特に多いわけではないのだが、それは後に気づいた事だ。当時、公立は小学区制で、住所によって行く学校が決まってをり、私はC高校の編入試験を受けた。落ちたら私立に行かねばならず、経済的につらい事になるのだったが、幸い合格できた。余談だが、受験者は10名で何名採るかは明らかにされてゐなかった。私は、全員の顔つきをみて枠が6人なら大丈夫と勝手な見通しを立てたが、結果は4名だった。

 さて、クラスにKといふ生徒がゐた。かなり成績の良い男だったが、ある日担任が「K君は今日からO君になりました」と皆に言った。それを聞いた私は、両親が離婚して旧姓に戻った母親と暮らすことになったのだらうと思った。彼とは、クラスメートとして普通に会話があったが、それを確かめることははばかられた。

 真相を知ったのは卒業から数十年後のことである。その頃の私は、校区の境界がどこにあったのかについて気になってゐた。たまに会ふクラスメートや他校の出身者に尋ねる事を繰り返し、次第にわかってきてゐたのだが、ある時Aといふクラスメートが総合的に教へてくれた。その中でタイトルに関係する事は・・・

 成績の良い子供の親の多くはC高校に行かせたがったし、本人もさう考へた。なぜなら、C高校は旧制小樽中学の後身で、所謂名門校だったからだ。しかし、小学区制では住所に制約がある。そこで校区外のさういふ中学生は、一時的に住民票を移してC高校を受験した。あいつもあいつもさうだった。とはいへ、当該地区に親類などがゐる必要があり、断念した者も多い。そして、「あいつ」たちの中で最も制度に忠実だったのが件のOで、彼は母方の叔父の養子になってC高校を受験したのだった。そして2年かそこら経って元に戻した。それがKからOへの変更の真相だったのだ。「忠実」といふのは、住民票さえ移せれば、下宿のやうな形でも、あるいは実際にそこに住まなくてもよかった(らしい)のに、養子といふ面倒な手続きを踏んで万全を期した事を指す。

 3年に進級の際クラス替へがあり、別のクラスになったOとはそれ以来接触がなかったが、卒業40周年の同期会で会へ、当時の推測を話すと楽しげに笑ってゐた。41年間の空白は一瞬にして消え去ったのだった。

 付記するが、私がC高校に行ったのは全くの偶然である。父は教育に熱心だったが、校区の事など全く知らないまま居住地が決まってゐたからだ。しかし、C高校はとても良い学校で、3年C組は素晴らしいクラスだった。その1年間は、私の人生の中で輝きに満ちてゐた時期の一つである。

more...

line
 3日のダイヤモンドオンラインにかういふ記事があった。

 私はあまり映画を観ないが、この二つのタイトルは知ってゐる。もっとも、内容はほとんど知らない。筆者の岸博幸氏はよくTVに出てくるので知ってゐるが、彼によれば、二つとも映像が美しく、それがストーリーを差し置いて評価されてゐるといふ。そして、内容は軽いが映像の美しいものがヒットするのはスマホの影響である、といふのが記事の趣旨の一つで、その理由を次のやうに述べてゐる。

 :スマホを使い過ぎると、コンテンツを気楽に受け身で流し読みするのが当たり前となり、またテキストの読み方やコンテンツの鑑賞の仕方が気楽で快適な“浅い読み”ばかりになります。:

 映画に関しても、内容は軽く流して映像を楽しむといふ姿勢になるので、かういふ映画がヒットすることになるといふわけだ。


 テレビの普及が加速したころ、「テレビを見るとバカになる」といふ意見があった。誰が最初に言ったのか知らないが、受け身の状態でどんどん情報が流れてくるので、自分で考へる必要がなくなり・・・といふのがその理由だったと思ふ。中学生だった私は、ほぼ同意しながら観たい番組だけを見てゐた。

 それから半世紀、ネット時代になって検索すれば何でもわかるやうになった。しかも、スマホのおかげで「いつでもどこでも簡単に」わかる。さらに色んなアプリがあって、多くの人々がかなりの時間スマホをいぢってゐる。バスや電車の中で新聞や週刊誌を読む人は殆どをらず、スマホが取って代はった。

 そもそも、PCやスマホなど電子的に表示された文章と紙に印刷された文章では、読む際に脳の使ひい方が違ふといふ説があったと思ふ。その当否は分からないが、スマホで読む際は軽く読み流すことが多いといふのは何となくわかる。そして私としては、やはり「手間」を重視したい。例へば分からないことを調べるのに百科事典を利用する場合、その項目のある巻を手に取り、ページを繰ってそこに行きつく。もし百科事典を持ってゐなければ図書館などに行く必要がある。ウィキペディアなら30秒とかからずに目的の記述に行きつけるだらうが、手間をかけた分きちんと読むことになり、従って忘れる率も低いと思はれる。

 書籍や雑誌も、買ったり借りたりの手間がかかるし、買ふ場合はお金もかかる。居ながらにしてほとんどタダ同然で手に入るものより、手間やお金をかけて手に入れたものを大事にするのは当然で、それが情報や知識なら頭に残さうとするだらう。

 始終スマホをいじってゐることでさういふ能動的な作業から遠ざかるとすれば、岸氏とは少し違ふ理由ではあるが同じ結論が導けるだらう。といふか、少しアプローチが違ふだけで、同じことを言ってゐるのかもしれない。即ち、次の部分だ。

 :スマホを使い過ぎて、多くの人が知的な面で非常に怠惰になってきているのです。:

 これは、半世紀前に言はれた「テレビを見るとバカになる」の理由と、ほとんど同じだと思はれる。本当にバカになるのか、また「スマホ中毒」が蔓延して日米ともに将来が危ういのか、それは分からないが、「知的な面で怠惰になる」ことが好ましくないのは言ふまでもない。

 

 


line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line