なぜ抗議しないのか

 今日は長崎に原爆が落とされた日だが、岡山大学で理学部教授を務めてゐた高校同期のO氏によれば、「そもそも原爆は軍事施設など強固な施設への破壊力は小さく、民間人や民家などが選択的に破壊されることは投下の時点ではっきり認識されていたので、兵器というよりは、殺人凶器と呼ぶのがふさわしい」といふ事だ。

 かういふ説明は今まで聞いた事がない。私の寡聞によるのかもしれないが、少なくとも盛んに言はれてきてはゐない。近年「大量破壊兵器」といふ言葉がよく聞かれ、それは核兵器が主なものと認識してゐるが、軍事施設をも破壊するといふイメージがある。72年前とは質が変化してゐるのだらうか。

 さておき、さういふ兵器を使ふのは非戦闘員を殺戮する事であり、東京大空襲などとともに許されざるべき戦争のやり方で、定かではないが戦時国際法なるものがそれを禁じてゐたやうに思ふ。いづれにしろ、これについて日本政府がアメリカに抗議してゐないのは不思議だ。韓国は慰安婦の件でしつこいほど日本に抗議してきたし、中国も南京大虐殺を抗議してゐる。いづれも正確な真実は確定されてゐないが、原爆は実態が明らかになってゐる。

 また、同氏は「実戦でその効力を確かめるために2度の投下が決められ、広島は平面地形、長崎は囲まれた地形であったことが選択理由であったようです」とも述べてゐる。つまり日本人は実験台にされたわけで、それは地形の事を除けば私も知ってゐた。戦争終結を早めるため、といふ理由もよく知られてをり、実際「本土決戦」には至らなかったのだが、それが免罪理由になるとも思へない。

 アメリカとはすでに65年間同盟関係にあり、歴代政権は常にと言へるほどその強化を掲げてきた。とはいへ対立する場面もあったわけで、同盟国だから抗議しないといふことにはならない。中韓も日本と国交があり、少なくとも建前としては友好親善を謳ってゐるが、それとこれとは別といふ姿勢なのだらう。日米間でも、友好とは別に「戦時中の非道を謝罪せよ」と言へるはづである。戦後のほとんどの期間が自民党政権であり、野党が「対米従属」と批判する事が多いが、その野党からも、原爆についてアメリカに抗議するといふ意見は聞こえてこない。対米従属を批判するのだから、仮にアメリカから睨まれても痛痒はないはづだ。ただし、少数の人がそれを主張してゐるのは知ってゐるが、影響力が小さいせいか、世論を形成するには至ってゐない。


 田原総一朗ではないが、政治生命を賭けてでも対アメリカ抗議を主張する有力政治家が現れないものだらうか。ひょっとすると、彼が首相に提案したのはその事?もしさうであってしかも実行すれば、安倍晋三をほとんど評価してゐない私も彼を見直すのだが・・・。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

お久しぶりです。

こんにちは。ほなつです。
私が看護学生の時、見ていたTVで、被爆者の方が原爆を投下した戦闘機に乗ってカメラ撮影をしていた兵士に「謝罪をしてほしい」と言ったところ「あなた方に謝る筋合いはない。パールハーバー(真珠湾攻撃)を忘れるな」と返されていました・・。
結局、敗戦国は悪となるんだな・・と悲しい気持ちになりました。

ただ現在、日本も軍力を持てという動きがありますよね?もし、本当に軍力を持つことをアメリカも望むのであれば、私も沖縄戦、原爆、本土空襲で一般市民を巻き込んだことを謝罪するべきだと思っています。
日本から軍力を奪い、今更「金だけか?」はないと思います。
私もアメリカに抗議すると思います。「パールハーバー」と言われても「それが何?あんたたちはそれ以上のやり返ししたじゃないか!」と言うでしょうね・・。

No title

 軍事力はすでに持ってゐるのですが、その発端は朝鮮戦争の時代、アメリカの要請によるものでした。その後次第に強化されてきました。

 現在では世界でも指折りのレベルらしいですが、いづれ核兵器に行きつくことになるかもしれません。僕としては持ちたくないですがね。

No title

お返事ありがとうございます。
私も春海さんと同じく核兵器の保有は反対です。

私の時代は、右とか左なんて教わってなく、ただ「戦争は繰り返してはいけない」とだけ教育されていました。。戦争をすれば、どれだけ悲惨なことが起きるか・・。
ネット社会になってから、色々な情報が入るようになり、良く分かっていない若者が「俺は、右派だ」「あいつはど左翼だ」とか発言していて、正直呆れかえっています。
今は徴兵制はないとか、素人が来ても迷惑だとか話をしている元アナウンサーがいますが(ドローンで戦争うんたら言っていました)戦争は「人殺し」であり、そのドローンも最終的には、一般市民に向けられるのは同じじゃないかと思っていました。。

姪っ子が防衛医大の看護学校卒なので、若い自衛隊の方たちと話す機会があったのですが、そんな彼ら(女性もいます)に戦場に行かすなど、切なくなります・・。

難しい事

 戦争をするべきではないといふ事と、軍事力を持つことは両立するのですが、それは危ういバランスによるものです。

 国際情勢や外交の成否によってそのバランスが崩れる可能性があるし、武器を持てば使いたくなるといふ心理的な事も無視できません。

 自衛官の国防意識は高いらしいですが、戦死したいと思ってゐる人はほとんどゐないでせう。でも、戦争になれば戦死者は出るし、非戦闘員にも戦火は及びます。

 さうなって欲しくはないですね。
line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line