「今上」といふ語を初めて見たのは小学生の時だったと思ふ。教室に歴史年表が貼ってあり、一番上にある時代区分の最新のものが「今上」だった。その前は「大正」、「明治」、更に前は「江戸時代」だった。「いまうえ」って何だらう、今は「昭和」でないの?と思ったが、誰にもその疑問を話さなかった。

 長じて、「きんじょう」と読み今の(現に在位してゐる)天皇を指すことを知ったのだが、近年「今上天皇」といふ言ひ方が広まってをり、私もうっかり使ってしまったことがある。「今上」自体、頻繁には使はれないが、その際は「今上陛下」とするのが通常だった。そして時代は移り、皇室に関はる話題が人々の口に上る事が増え、それにつれて「今上天皇」も増えてきたやうに感じる。そして例の「お言葉」以来天皇議論が盛んになり、ここ数ヶ月はしょっちゅう耳目に触れる事になった。

 上記の通り「今上」は今の天皇を指すのだから、「今上天皇」は重言である。余談だが、「今上」を知るより前に、高校生の兄から「山の中の山中で、武士といふ侍が、馬から落ちて落馬して、腹を切って切腹した」といふ戯れ歌を教はり、後に、「女の婦人に笑はれて」といふ句が入るものも知った。いづれにせよ、重言をからかふものだ。

 そのからかはれるべき重言が、大きな影響力を持つマスコミで流布されてゐるのだ。マスコミが常に正しい言葉遣ひをするわけでないし、「犯罪を犯す」「被害を被る」などの重言が市民権を得てゐるのもわかってゐるが、この国で最大の敬意を払はれる人を指す言葉が重言といふのは如何なものか。


 WIKIに当たってみると、「今上天皇」といふ項目があった。その冒頭に、「今上」は現在の帝を意味する語とあり、少し置いて以下の記述がある。

:大正天皇や昭和天皇と並べて表記したい場合に、「今上」もしくは「今上陛下」では言葉のすわりがよくないことと、「今上天皇」と表記すると語感から客観的な表現に感じられるため、中立を求められる表現の中で使用される頻度が高くなってきた。:

 ふむ、なるほど・・・。「○○天皇」には敬意が含まれてゐない(中立的だ)が、「今上」にはそれがあるので、並べると「すわりがよくない」といふわけか。

 人に対して使はれる「上」に敬意が含まれてゐるのは疑ひないのだが、普通名詞としての「上」との区別のため、「お上」とか「上様」といふ言ひ方が現れたと思はれる。それは、「つけ」から「おつけ」、さらに「みおつけ」「おみおつけ」と美称が重ねられていったのと事情が似てゐる。それを思へば、「今上天皇」が中立的と感じられるのも、ゆゑなしとはできない。現代人の感覚では「今上」に含まれる敬意が軽いものになってゐるのだらう。あるいは、敬意が含まれてゐると思はない人すらゐるかもしれない。

 といふわけで、WIKIが記述する事には一応うなづけるのだが、並列でなく、単に現在の天皇を指すときに「今上天皇」と言ふのは不適切である。不適切ではあるが、すでに広まってしまったものを鎮めるのは、何によらずかなり困難だ。この記事も、残念ながらおそらく数人しか読まないだらう。せめてその数人にでも知ってもらひ、少しでも広めてくれたら・・・と願ふばかりである。
スポンサーサイト
line
 最近よくこの言葉を聞く。主に話し言葉だが、書き言葉にも使はれるらしい。

 私にはどうも違和感のある言ひ回しで、「関係」でいいのではないかといふ気がしてゐる。実際、「関係」で意味は通じるのだが、「関係性」とすれば何かもったいつけてかっこよく聞こえるのではないか・・・と思って使ってゐるやうに感じる。


 そもそも「○○性」は、○○の性質があることを示す表現である。例へば「通気性のある衣服」は空気を通しやすい性質を持ってゐる衣服」といふ意味で、さう言ふより簡潔だ。また、「協調性がない」なら他人と協調する性質がないことを意味する。しかし、「健康」や「病弱」は性質だが「健康性」とか「病弱性」とは言はない。

 「通気」や「協調」は本来動作であり、その動作をする性質があるかどうかを問題にする場合に「性」をつけるが、性質そのものを示す熟語にはわざわざ「性」をつける必要がない、といふことだと思はれる。

 ところが、「暖房」も「断熱」も動作だが、「暖房性」とは言はないが「断熱性」とは言ふ。その辺が難しい。


 さて「関係」だが、和語で表せば「あいだがら」とか「つながり」とかで、性質でもあり動作でもあるやうな、さうでもなささうな、微妙な言葉ではある。動作の方に注目すれば、「性」をつけてもよささうな気もするが、少なくとも前世紀までは使はれてゐなかった。だが、似た言葉に「関連」があり、これには「性」がつけられる。では、「関連」と「関連性」はどう違ふのだらうか。よくわからない。

 そんなことを考へてゐて、ふと検索してみる気になった。知恵袋などではあまり説得力のある説明がなかったが、良い記事が見つかった。「付けなくても通用する言葉に、無用の接尾語を付けるな」といふのが結論で、日本語検定委員会研究主幹といふ肩書きを持つ人のコラムだった。そんな検定があるとは知らなかったが、さてをきURLを貼り付けてをく。
http://www.nihongokentei.jp/amuse/column/1101.html
line
 三度の食事を並べる場合、「朝食・昼食・夕食」、「朝飯・昼飯・晩飯」、「朝ご飯・昼ご飯・晩ご飯」などと言ふ。その三つ目の中の「晩ご飯」が、近年「夜ご飯」に変わりつつあるやうだ。

 私はこの言ひ方が嫌ひなのだが、それはさてをき、その理由がよくわからない。若い人達の言葉遣ひではないか、と何となく思ってゐたが、最近姉が使ふのを聞いた。しかも、ある人との会話を直接話法で伝へるといふ流れで、その「ある人」も高齢者だった。ならば若者言葉とは言へないわけである。

 TV の長寿番組の一つに「突撃 となりの晩ご飯」といふのがあり、いつ始まったのか覚えてはゐないが、当時は「夜ご飯」といふ言葉はなかったし、それが現れてからもタイトルは変更されてゐない。それは「晩ご飯」がメジャーであることを意味してゐる。


 ふと、辞書を引いてみる気になった。そもそも「晩」と「夜」はどう違ふのか、「新明解」には、「晩」は「日の暮れ(たあと)。夜(になる少し前)。夕。」とある。つまり、「晩」は「夜」「夕」と同じか、「夜」より少し早い時間帯といふことだ。してみると、「夜ご飯」は普通の晩ご飯より遅い食事なのか?

 そこで「語感の辞典」に当たってみると、まさしく「夜ご飯」が項目にあった。説明としては・・・

 :「夕飯」の意で使われることのある俗っぽい表現。朝・昼・晩の対立のうち、「晩」の使用頻度が減って、朝・昼・夜というとらえ方が一般的になるとともに、「晩御飯」に代わって若年層を中心に目立つようになった表現。子供っぽい感じに響くこともある。「夜食」の意味では使わない。:

 なるほど・・・若者言葉ではないか、といふ私の印象は誤ってゐなかったわけだが、この辞典が発行されてから5年半、いまや六十代以上でも使はれるようになったといふことなのだらう。言葉の変化は思ひの外早い。今気づいたのだが、私が嫌ひな理由の一つには「子供っぽい感じ」があるのかもしれない。


 「晩」の使用頻度が減ったといふ事には気づかなかったが、慣用句としての「朝から晩まで」とか「朝晩の冷え込み」などが生きてゐるし、「晩ご飯」「晩飯」などを含めてめったに聞かないといふわけでもないので、消滅には至らないと思はれる。
line
 ○○には漢語(熟語)が入るのだが、近年この言い方を敬語の中の尊敬語として使ふことが多くなってゐる。よく聞くのは「ご結婚される」「ご利用される」などだが、本来これは誤用である。

 そもそも、行為・動作の尊敬語は、和語なら助動詞の「れる」「られる」を使うか、「お○○になる」、漢語(熟語)を使ふなら「○○される」「ご○○になる」で表される。「使ふ」「使用する」を例にとると、「使はれる」「お使ひになる」「使用される」「ご使用になる」となる。

 ところで、謙譲を表す助動詞はなく、言い回しとして「お使ひする」「ご使用する」となるのだが、これは用例が適切ではない。「使ふ」といふのは、普通へりくだる相手のゐない行為・動作だからだ。適切な例としては「ご連絡する」などが挙げられる。「連絡」に相当する和語はないが、あえて「つなぐ」を考へれば「おつなぎする」となる。なお、へりくだる相手がゐなくても使ふ謙譲語はある。「申す」「存じる」「おる」などだが、それらは丁重語と呼ばれる。

 さてここで、「ご○○(漢語)」といふ言葉が尊敬語にも謙譲語にも現れることに注意しやう。実はそれが、敬語の誤用に関係するのだ。「結婚する」は、誰かに対してへりくだる行為ではない。だから、謙譲語として「ご結婚する」と言ふことはあり得ない。一方、目上の人の結婚について尊敬語で表すのはごく普通のことで、それには「結婚される」が使はれる。

 ところが、近年のなんでもかんでも敬語を・・・といふ風潮と、それなのに敬語をきちんと学んでゐないといふ状況のせいで、「ご結婚される」が使はれるのだ。このとき、謙譲語としての「ご結婚する」があり得ないことが、間違ひに気づかない理由になってゐると思はれる。

 「○○される」は「○○する」の「する」に、受け身・可能・自発、尊敬の助動詞「れる」を接続させた形である。 一方、 「ご○○する」は謙譲語として使ふ言い回しだが、どんな○○も謙譲語になるわけではない。そこで、「結婚する」は謙譲語にならない事から「ご○○する」が謙譲であることを忘れ、「ご」をつければ「結婚される」より程度の高い尊敬語になると思ふのだらう。

 厄介なことに、「ご結婚」を名詞として使へばそれは立派な尊敬語となる。ついでながら、先に挙げた「ご連絡する」も、「ご連絡」だけなら尊敬語として使ふ事ができる。例えば「ご結婚を決意される」なら文句はつけられない。ただし、「ご結婚をされる」には少し問題がある。煩はしくなるので深入りしないが、必ずしも誤用とは断定できない。これから「を」を取れば「ご結婚される」になり、誤用といふ意識が薄れるかもしれない。


 ともあれ、「ご○○される」は今後も尊敬語としての使用頻度が高まって行くと思はれる。私ごとき言葉にうるさい市井の人間がなんと言はうとも、影響力はほぼゼロだ。それどころか、専門家が指摘しても直らないのだ。野口恵子氏は、「バカ丁寧化する日本語」でかう書いてゐる。

 :尊敬語で語りかけているときに、相手の行為を「ご~できる」で表現するのは間違っていると、何年も前から指摘されてきた。だが、いっかな、改められる気配がない。駅のアナウンスでも、新聞でもインターネットでも、この言い方が盛んに使われている。:

 少し補足すると、例へば「ご満足できる」を敬語抜きで言へば「満足できる」であるが、「できる」は「する」の可能形である。従って「ご満足できる」の元の形は「ご満足する」であり、それは言ふまでもなく謙譲の形、つまり目上の人の動作を謙譲語で表現するといふ誤用である。正しくは「ご満足いただける」である、とも書かれてゐる。

 この本(光文社新書)は2009年8月の発行だ。つまり、今世紀に入って間もない頃から、専門家が指摘しても直らないといふ状態が続いてゐるのである。なお、この本には「ご○○される」については記述がないが、謙譲語である「ご○○する」が「尊敬語もどき」として使はれてをり、それは誤用であるが今や慣用になりつつあるとしてゐる。
line
 「例」といふ漢字は多分小学校で、「喩」は中学校で習ったと記憶してゐる。そしてこれも記憶だが、「喩」は「比喩」といふ熟語として習ひ、「たと(える)」といふ訓読みは付け足しのやうに教えられた。

 この記憶が正しいとすれば、国語の教科書には「喩える」といふ言葉は出てこなかったことになる。ただし、その後教科書に登場するやうになった可能性はある。

 さてをき、「喩」は画数も多くて覚えにくく、他にこれを使ふ熟語もほとんどないので、あまり馴染みのない漢字かもしれない。そして「例」の方は、「例えば」はよく使う言葉だし、「前例」「恒例」「好例」など比較的よく使う熟語もあり、ほとんどの人が読み書きできる。

 そこで本題だが、「たとえばなし」を漢字で書けば「喩え話」であり、「例え話」ではない。しかし、これを混同する人が少なくない。それは上記のことが理由と思はれ、ある程度仕方がないとは言へる。ところが、間違ってはいけない立場でこれをやられるのは困りものである。さきほど見ていたTV番組でこれがあった。

 マスコミには責任がある。報道自体のことはもちろんだが、誤った言葉遣ひや用字を垂れ流すことをしないのも重要だと思ふ。人々は、学校時代よりも社会に出てから多くを学ぶわけで、その少なくない部分をマスコミが担ってゐるのだから。まあ、これはテーマから外れるので深入りしない。

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line