私は高校1年の終わりに留萌市から小樽市に引っ越した。人口が3万台前半の小都市から20万弱の中都市への移住は何かと新発見をもたらした。その最初のものは高校がたくさんある事だった。留萌には一つしかなかったが、その一部である工業科が独立して、私が進学した時に二つになった。しかし、工業科新設の際すぐそばに建てられた別棟の校舎がそのまま使はれたこともあって、高校が二つといふ感覚はあまりなかった。

 小樽には道立だけで五つの高校があり、さらに私立が三校あった。人口比を考へると特に多いわけではないのだが、それは後に気づいた事だ。当時、公立は小学区制で、住所によって行く学校が決まってをり、私はC高校の編入試験を受けた。落ちたら私立に行かねばならず、経済的につらい事になるのだったが、幸い合格できた。余談だが、受験者は10名で何名採るかは明らかにされてゐなかった。私は、全員の顔つきをみて枠が6人なら大丈夫と勝手な見通しを立てたが、結果は4名だった。

 さて、クラスにKといふ生徒がゐた。かなり成績の良い男だったが、ある日担任が「K君は今日からO君になりました」と皆に言った。それを聞いた私は、両親が離婚して旧姓に戻った母親と暮らすことになったのだらうと思った。彼とは、クラスメートとして普通に会話があったが、それを確かめることははばかられた。

 真相を知ったのは卒業から数十年後のことである。その頃の私は、校区の境界がどこにあったのかについて気になってゐた。たまに会ふクラスメートや他校の出身者に尋ねる事を繰り返し、次第にわかってきてゐたのだが、ある時Aといふクラスメートが総合的に教へてくれた。その中でタイトルに関係する事は・・・

 成績の良い子供の親の多くはC高校に行かせたがったし、本人もさう考へた。なぜなら、C高校は旧制小樽中学の後身で、所謂名門校だったからだ。しかし、小学区制では住所に制約がある。そこで校区外のさういふ中学生は、一時的に住民票を移してC高校を受験した。あいつもあいつもさうだった。とはいへ、当該地区に親類などがゐる必要があり、断念した者も多い。そして、「あいつ」たちの中で最も制度に忠実だったのが件のOで、彼は母方の叔父の養子になってC高校を受験したのだった。そして2年かそこら経って元に戻した。それがKからOへの変更の真相だったのだ。「忠実」といふのは、住民票さえ移せれば、下宿のやうな形でも、あるいは実際にそこに住まなくてもよかった(らしい)のに、養子といふ面倒な手続きを踏んで万全を期した事を指す。

 3年に進級の際クラス替へがあり、別のクラスになったOとはそれ以来接触がなかったが、卒業40周年の同期会で会へ、当時の推測を話すと楽しげに笑ってゐた。41年間の空白は一瞬にして消え去ったのだった。

 付記するが、私がC高校に行ったのは全くの偶然である。父は教育に熱心だったが、校区の事など全く知らないまま居住地が決まってゐたからだ。しかし、C高校はとても良い学校で、3年C組は素晴らしいクラスだった。その1年間は、私の人生の中で輝きに満ちてゐた時期の一つである。

more...

スポンサーサイト
line
 小学生時代の話である。学校給食はなく、皆弁当持参で登校した。学習雑誌を購読してをり、それで給食といふものを知ったのだが、遠い世界の事といふ感じがしてゐた。ただ、食べるまでに時間がかかるやうなので、せっかくの昼休み、遊ぶ時間が減るなあと思った事は覚えてゐる。

 4年生になったとき、牛乳給食といふものが登場した。4時間目の途中に、どこからか牛乳が届く。特に配給の係はをらず、昼休みになると、各自がケースから1本ずつ持ってきて弁当と一緒に飲んだ。今では少ししか見かけない180mlの瓶入り、丸い紙の蓋を外すための小型の千枚通しが先生の机にぶら下がってゐたが、大半は爪で取ってゐた。

 不思議だと思ったのは、先生が教へてくれた牛乳の飲み方である。曰く、噛むやうに飲みなさい。思へば、それまで牛乳を飲んだことがなかったやうな気がする。家では日曜の朝はパン食でトーストだったが、両親は紅茶を飲んでゐた。子供たちも何か飲んだはずだが、覚えてゐない。牛乳ではなかったなあ・・・、紅茶を飲んだかもしれない。牛乳配達が普及したのはもっと後で、多くの子供はあまり牛乳を飲んでゐなかったと思ふ。だからこその指導だったのだらう。ともあれ、飲み物を噛むやうに・・・とはどういふ事かと思ったが、初めのうちは素直に従ってゐた。でも、間もなくばかばかしくなってゴクゴク飲むやうになった。

 子供は遊びの天才と言はれるが、当時、我々は牛乳瓶の蓋で遊んだ。机に置き、パッと息を吹きかけてひっくり返すのだ。成功したらそれを自分のものとし、たくさん集めたら勝ち、一度に2枚ひっくり返すと歓声が上がった。ただし、女子はやらなかった。

 牛乳給食はいつまで続いたのか・・・卒業する頃にはなかったやうな気がするが、定かな記憶はない。中学ではなかったが、そもそも小学生だけだったのかもしれず、参考にはならない。ひょっとすると、牛乳配達の普及が関係してゐるかもしれない。

 費用のことも不思議だ。給食費を払ってゐないのだ。口座振り込みなどない時代だから、払ったのならしかるべき時に学校に持って行ったはずだが、確かな記憶としてそれはなかった。すると、公費で賄ってゐたことになる。義務教育が無償といふのは努力目標にすぎない時代で、教科書も学年の初めに学校で買ってゐた。なのに、牛乳だけとはいへ公費、つまり市の予算を使ってゐたとすれば、財政に余裕があったのだらう。私の4年生は1958年、東京タワーができ、三種の神器に先立ってヒット商品となった東芝の電気釜が発売された年である。長嶋茂雄のデビューもこの年だった。日本経済の高度成長が始まったのは1955年とされてゐるので、その効果に相違ないだらう。ちなみに、1955年からは神武景気、1958年に停滞し、なべ底不況とされたが、成長率はプラス、すぐに再び上向き、岩戸景気が東京オリンピックまで続いた。
line
 ネット上の友人が猫のことを書いてゐた。

 野良猫が居ついたことや飼ひ猫のこと等が内容なのだが、その中に隣人が子猫を捨てたことが書いてあった。それで思ひ出したのだが、私も子猫を捨てたことがある。


 子供の頃、我が家では猫を飼ってゐた。飼い始めの記憶はなく、物心ついた頃にはすでに居たやうだ。餌は残飯だったが、時々ネズミを獲って母に褒められてゐた。私はその猫が好きで、一人の時は一緒に遊んでゐた。余談だが、母が夕食のために魚を焼き、それを食卓に並べて他の作業を台所でするとき、「猫が魚を獲るから見てなさいよ」と私に言った。私は、それが見張りをしろといふ意味であることに気づかず、黙った見てゐた。はたして猫は魚を咥へて走り去り、「猫が魚をとったよ」と報告すると、叱られた。しかし私は、「見てなさいと言はれたから見てたんだよ」と抗弁した。


 私はオスかメスかを考へた事はなかったが、実はメスだった。で、ある時4~5匹の子猫を産んだ。それを飼ふ余裕はなく、また他人に譲るといふこともなく、母は私と姉に捨ててくるやう命じた。その時の気持ちは覚えてゐないが、ミカン箱(だったか?)に子猫を入れ、それを抱えて近くの川に行った。そして岸辺で水に浮かべるとゆっくりと流れていったが、その時初めてかわいさうだと思った。子猫たちは、家に居るときからずっとミューミュー鳴いてゐたが、川の流れに乗ってもやはり鳴いてゐた。

 途中で誰かに拾はれたのか、4~5km先の海まで出たのか、まったくわからない。拾はれなければ、いづれ溺死か餓死しかない。その時は何も考へず、ただやるべきことをやり終えたといふ感じだったが、かわいさうだと思ったのは、漠然と死を意識したからかもしれない。その程度の幼さだったのだが、誰かに拾はれて生き続けてくれればよかったと、今にして思ふ。

 親猫もいつの間にかゐなくなってしまった。死んだのか家出したのか、それも覚えてゐないから、2年生くらいの時期だったらうか・・・。
line
 ネット上の(オフでも会ってゐるが一度だけ)友人が、リトグラフの額縁のガラスを割ってしまひ・・・といふことをフェイスブックに載せてゐた。それでふと思ったのだが、最近はガラスを割ったといふ話をあまり聞かない。自分も、半年くらい前に珈琲サーバーを割ってしまったこと以外思ひ出せない。

 しかし、以前はしょっちゅうあったことだ。思へば、プラスチックやアクリルの普及で、ガラス製品自体が減った事、そのガラス製品も、かなりの割合で強化ガラスになってをり、割れることが少なくなったのだらう。窓ガラスも強化ガラスや厚手のものが主流で、多少の衝撃には耐えられる。

 ガラスを割ると言へば、子供の頃のソフトボールや野球がすぐに頭に浮かぶ。空き地での遊びで、隣接する民家の窓ガラスを割るといふことがよくあった。年長者を中心に数人が謝りに行き、「弁償します」と言ふのだが、知る限りすべて許された。悪意がないのは明らかだし、謝りに来た事も評価して、「弁償なんかしなくていいよ」と言ふのだった。当時の漫画に、うるさいオヤジが怒鳴る場面よくあったが、少なくとも私は現実に見たことがない。

 現代では、さういふ空き地がほとんどない代はりに、児童公園など遊ぶ場所がまあまあ確保されてゐるし、年齢差のある少年達が一緒に遊ぶといふのも少ないやうだ。そもそも屋外での遊び自体減ってゐる。で、ボール遊びでうっかり・・・といふ事が格段に少なくなったのだらう。それは時代の変遷の現れで、善悪を云々するつもりはない。ただ、ちょっと昔を懐かしむ気持ちが浮かんだので、書いてみた。だから、カテゴリーは「社会」ではなく「思ひ出」である。
line
 CDの時代になって久しいが、「レコード」はまだ死語にはなってゐないやうで、時折、ラジオなどでレコードを懐かしがる話が紹介される。レコードといふものは、多分小学校低学年の頃、雑誌の漫画で知ったと思ふ。その頃は、落とす割れるものだった。間もなく「割れないレコード」が登場したが、材質は新旧ともに知らなかった。後に割れないのはプラスチックと知ったが、割れる方は未だに知らない。

 現物を見たことがないのだから仕方がないが、プラスチックの現物は多分5年か6年のときに初めて見た。近所に引っ越して来た家庭に、私より二つ上と一つ下の姉妹がをり、行き来するやうになったが、そこにはステレオがあったのだ。当時私は、モノラルプレーヤー持ってゐる家すら知らなかった。

 さて本題、レコードを初めて買ったのは高校1年のときである。自宅でステレオを買って・・・といふことではない。その一家がまた引っ越すことになり、妹の方への餞別として買ったのだ。曲はボビー・ソロの「ほほにかかる涙」、前年のサンレモ音楽祭で入賞した曲で、ちなみに優勝はジリオラ・チンクエッティの「この胸のときめきを」だった。この催しを私は偶然TVで見たのだが、これがとても気に入り、レコードが欲しいと思ったが、プレーヤーがないので買っても意味がない。そこで、その彼女にプレゼントすることにしたのだった。

 かう書くと、いかにも私が彼女に恋心を抱いてゐたかのやうである。日本では布施明が歌って結構ヒットしてゐたし、その訳詞は「おまえを思って このほほの涙・・・」といふものだったからだ。しかし実際は違ふ。知り合ったのが小学校高学年、高校生と中学生になって恋と言へる心情に変化する可能性はあったと思ふが、仲の良い幼なじみといふ間柄のままだったのだ。ただ、正直に言へば私の方には少しさういふ気持ちも芽生へてゐたが、向かうはさうではなかったと思ふ。そして私も、もっと踏み込まうといふ気持ちはなかった。

 実は彼女が私を好きで、告白を待ってゐたのだが、それがないまま離ればなれになり・・・60代になって再会してそのことがわかり・・・となればストーリーとして面白いのだが・・・「黄昏流星群」(弘兼謙司)の世界だな^^
line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line