高校同期のブログで、ある同期生が紹介してゐるのを読み、面白さうだと思った。図書館で探してみるとあったので、早速借りて読んだ。著者はシクルシイ、またの名を和気市夫(わき・いちお)といふ人物で、和人とアイヌのハーフである。自伝なのだが、2000年に82歳で他界した彼の、誕生から1945年までの27年間しか書かれてゐない。読了してそれ以後の事も知りたくなったが、それは姉妹書と言へる「戦場の狗」に書かれてゐるらしい。

 さて、彼は天才だ。4歳にして高等小学校2年に編入され、それからの4年間で中学(もちろん旧制)卒業以上の学力を身につけ、8歳で旭川商業学校(現旭川商業高校)2年に編入される。さらに3年後、満鉄傘下のハルピン学院にわづか11歳で入学する。合計7年の間、学校の教師二人が個人授業をしたのだが、ひたすら勉強したのだった。あとでわかったのだが、それらはすべて松岡洋右によって計画されたものだった。

 松岡は、優秀な少年を捜し出して将来のために英才教育を施すといふ事を明治末期頃からやってゐたといふ。50人ほどが選ばれたが、ほとんど彼の目標達成には至らなかったやうだ。シクルシイは最後の「選ばれし者」だった。それにしても、屈斜路湖畔のコタンの幼児にたどり着いたのはすごい情報収集力だと思った。また、旭川商業学校の担任は、シクルシイのために師範学校でスカウトされ、当校に赴任してゐたのだったし、釧路の小学校教師は元々そこにゐた人だが、シクルシイのためには学校を辞めてもいいと言はれたさうで、それにも驚かされた。個人教授を含めた学費・釧路や旭川での生活費は国費で賄はれた。松岡は、彼を個人的な密偵にするのだが、それは国家のためであり、だからこそ国費が投じられた。密偵とはスパイであり、多くの外国語や格闘技、銃器の扱ひや暗号なども特訓される。それらはハルピンで行はれたのだが、「ゴルゴ13」の「日本人東研作」にあった特務機関での訓練を思ひ出させたが、彼も研作(ゴルゴとは別人だったが)のやうにすべてを会得した。それに先立って、松岡が面接してこれまでの経過や意図を教へたのだが、世界平和のためといふのが遠大な目標だった。松岡と言へば国際連盟脱退、日本が孤立して三国同盟から大戦へ・・・となる要因を作ったといふ理解をしてゐたが、どうやら本心に反するものだったらしい。

 その後、ロックフェラー財団に属する燕京大学(現北京大学)に進み、ある教授の助手として世界各地を回るのだが、そこへの進学は13歳の時だ。驚くしかない。

 20歳の時、渡ってゐたアメリカから帰国するのだが、それは徴兵のためだった。しかし普通の兵ではなく、いきなり陸軍憲兵少尉となる。そして、松岡から与へられた任務は大陸での日本軍の非道行為の真偽確認だった。その調査のため、銀を扱ふ商人になりすましたり、苦力(クーリー)になるなどいかにもスパイといった行動を取るのだが、そのあたりは実に面白かった。

 面白かったと言へば、旭商時代11歳の時の冬休みの事件がある。故郷の村で過ごすのだが、郵便局で年賀状配達のアルバイトをする事になった。ある日、局長の息子(14歳)と二人である地区を配達する。途中で手分けする事を提案され、承諾する。終わって合流場所に赴くと、自分より多い量を受け持った彼がすでにゐて焚き火をしてゐた。ずいぶん早いなと思ひ、それを言ったが適当にはぐらかされる。

 ところが、その息子は自分の持ち分のかなりの部分を配達せずに燃やしてしまってゐた。しかも、配達した家ではシクルシイと名乗ってゐた。年賀状が届かなかった家々の者たちが郵便局に苦情を言ひにくると、局長は彼らに金を渡した上で、皆の名でシクルシイを訴へるよう依頼する。それらの事が、被疑者として旭川から連れてこられたシクルシイを交へての審問の場で明らかになる。その事件を扱った検事はきちんとした人物で、局長やその息子、さらにはそれに荷担してゐた村長を糾弾する。

 この事件は、当時あったアイヌ差別の中でも悪質なもので、和人より劣ってゐるはづ?のアイヌとのハーフであるシクルシイが飛び抜けて優秀であることへの嫉妬も大きな要因だったのだらう。もっと前には、シクルシイの母親への電線泥棒といふ讒訴もあった。その際、わづか5歳のシクルシイは、電線の重さを提示するなど、警察官も舌を巻く論理的な主張で讒訴を論破するのだが、彼にとっては何ほどの事でもなかった。


 ところで、この自伝は1989年、著者が77歳のときに書かれてゐる。ざっと70年も前の事が昨日のことのやうに再現されてゐる。読みやすい文章で書かれてをり、会話もふんだんにある。もちろん当時の会話そのままではないだらうが、果たしてこんなに鮮明に書けるものかといふ疑問が涌いた。しかし、加藤昌彦氏の「解説にかえて」によれば、本人が「過去の情景がそのまま甦って来る」と言ったさうだし、本文中でも、小学校時代の教師が校長の質問に答へて「ずばぬけて記憶力がいい」「教えたことは、全部憶え込んでしまいます」と言ってゐる。してみると、やはり本物の天才で、作中の情景描写や会話などもほとんど信用できるのだと思った。ついでながら、所々に著者の手による挿絵があり、簡潔で的確な描画と感じた。


 閑話休題。シクルシイは1945年8月15日、つまり日本敗戦の日に国民政府軍に逮捕される。後に軍事法廷で戦犯として裁かれる予定だったが、それまで北京で拘束される。その際拷問を受けるが耐え抜く。ただ、責任者の大佐は道理がわかる人物で、拷問した者を叱責し、謝罪する。軍事法廷、所謂東京裁判は松岡洋右を戦犯容疑者とし、シクルシイはその参考人でもあったが、松岡の病死によって不起訴となる。しかし、本作品はそれに触れず、裁判のために送還され、佐世保に上陸したところで終わってゐる。


 ここで、タイトルについて少し書いてみる。「まつろはぬもの」といふのは、日本書紀で何度か使はれ、そこでは大和朝廷(の前身)に従はない者(の集団)を指してゐる。現代ではほとんど使はれないが、国家権力に従はない者といふ意味だ。国家権力の中枢にゐた松岡に従ひ、帝国陸軍の軍人となった著者がなぜ「まつろはぬもの」なのか・・・。これはおそらく彼のアイデンティティに関はる。父親は和人だが、ほとんど妻子を捨てたやうな状態であり、シクルシイは父を憎んでゐる。母親はコタンのエカシ(長老)の娘で、子供もアイヌの教へに従って育ててゐる。シクルシイは母を慕ひつつ教へを守ってをり、ハーフではあるがアイヌ人といふ自覚が強い。作品の終わり近く、帰国の少し前に例の大佐との会話があるのだが、その中で「日本人の君が云々」といふ大佐の言葉に対して、「僕は日本人ではありません。アイヌ人です」と言ってゐる。ここでは、国籍ではなく民族として「日本人」「アイヌ人」と言ってゐるわけで、民族としては大和民族に「まつろはぬ」事の表明と考へられるのだ。日本国とアメリカ合衆国の教育を受け、日本国のために働いたが、その目は世界に向けられ、胸にはアイヌ民族としての誇りを抱いての一生だった。その事が本作品のタイトル、そして著者名からも窺はれる。
スポンサーサイト
line
 ようつべで森昌子の歌を聴いてゐたのだが、動画の脇にある案内に「風と雲と虹と」があった。森昌子が役者として出演してゐたからだった。

 「風と・・・」は平将門を扱ったNHKの大河ドラマで、将門が好きだった私は毎回観たのだが、森昌子の出演は記憶がなかった。何十年も前の事で仕方がないが、ともあれ彼女が出演した6回分がアップされてゐた。最初のものを見ると、将門の地盤である豊田の村娘といふ役どころだったが、ドラマの流れとしては将門の結婚が近づいてゐる頃だった。

 将門夫妻は相思相愛だったと記憶してゐるが、細かいいきさつはやはり忘れてゐる。ちょうどいい事に、それが描かれた連続2回分に昌子が出てゐて、改めて観ることができた。


 さて、周りから結婚をせかされる年齢になってゐた将門には思ひ人があった。従妹の良子である。幼い頃と、やや成長した頃にしか会ってゐないらしいが、ずっと心の底に留めてゐたやうだ。そして、思ひ切って婚姻の申し込みをする。仲介者を立てて良子の父平良兼に申し込むのだが、良兼には、頭の上がらない後妻詮子(せんこ)がゐた。詮子は、自分の弟である源扶(たすく)との縁組を主張する。彼女は源家の発展だけを考へる女で、これもその一環なのだが、良兼は言ひなりになって申し込みを断る。

 一方、良子も将門に思ひを寄せてゐた。つまり二人は意思の通じてゐない相思相愛だったのだ。しかし、さういふ流れで扶に嫁ぐ段取りが進んでしまふ。なほ、扶は女癖が悪く、将門もそれを知ってゐたので、破談は仕方ないにしても相手が扶といふことには穏やかならざる気持ちだった。

 それが934年の夏から秋にかけての事だった。ところで、将門のところに新たに雇われた雑用係の若い男がをり、彼には源家のある地域に恋人があって、しょっちゅう往来してゐた。その恋人は源家の情報にも詳しく、将門は彼を通じて翌年2月といふ祝言の日取りを知る。更に、前日に良子が移動する事まで探り出し、途中で奪ふ計画を立てる。実は、その決断には、森昌子扮する村娘・桔梗の「欲しければ取ればいい」といふ言葉が影響してゐたのだった。

 いよいよ決行の日、物見役の件の若者と幼い頃から仕へてゐる郎等一人を従へ、現場に赴く。詳細は後述するが、とにかく作戦は成功し、館に戻った将門は、何も知らなかった者たちに非難される。それには答へず、母を別室に誘って良子と祝言を挙げると伝へる。その固い気持ちを知った上で、女の気持ちが分かる母は良子の意志を確かめに行く。良子は掠奪といふ手段に反発するのだが、それに至る経緯を知らされて納得し、喜んで妻になることを表明する。この辺はじんとくる所だ。


 さて、やはり掠奪のシーンが痛快である。行列が近づいた事を告げた若者をお役御免として帰し、二人で行列の通る道筋の脇に潜む。頃合いを見計らって弓を引く。腕を射られた武士が落馬する。その混乱に乗じて騎馬で突込み、良子を奪ふ。あっといふ間の早業で、追撃はかなりの後れを取ってしまふ。途中で良子の笠を見つけ、居合わせた女に尋ねるが、女は知らぬと言ふ。改めて道を進むがなぜか行き止まりになってをり、迷ったと思って引き返す。彼らが去って女が合図すると、木や草で隠されてゐた道が現れる。作業をした者たちは、将門が都で勤務してゐた期間に知り合った傀儡使ひで、その実体は忍者のやうな特殊技能グループだったのだ。

 逃げる途中、将門は良子に名乗り、妻にすると伝へるが、良子は素直に受け入れない。嬉しい気持ちもあるはづだが、突然の出来事だし、なぜ掠奪なのか理解できないから当然だらう。そして、すでに書いた通りの結末になる。


 それにしても、この痛快なシーンも全く記憶に残ってゐない。調べてみると1976年の放映だった。私は1974年の12月に旭川に転勤し、翌年秋の結婚が決まってゐたので、その春か夏にTVを買ってゐた。夜遅い帰宅でまともにTVを見れるのは日曜日しかないし、さほど観たいとも思ってゐなかったから、札幌で一人暮らしの頃は持ってゐなかった。しかし、専業主婦にTVは必需品と思ったのだった。ところが偶然の賜物か、翌年の大河ドラマがこれで、日曜夜といふ事は知ってゐたので喜んだのだった。ともあれ、41年も前なら、記憶が定かでないどころか、ほとんどないのもむべなるかな・・・
line
この映画のタイトルだけは知ってをり、観たいと思ったのを覚えてゐるが、WIKIによれば1966年6月の作品で、受検勉強の時期だった。その後、68年3月の第5作までシリーズ化されてゐるが、今回DVDを借りて第1作を観た。主演は市川雷蔵(次郎)で恋人(雪子)役が小川真由美、他に重要人物として加東大介(草薙中佐)や待田京介(前田大尉)らが出演してゐた。

 内容は想像してゐたのとはかなり違ってゐた。訓練の様子や実際の諜報活動が描かれてゐると思ってゐたのだが、それはもちろんあったものの、主要なテーマはスパイである事の非情さだった。また、意外だったのは軍の幹部を批判してゐる事だった。それが史実かどうかは不明だが、創設者の草薙中佐は、将校たちは自分の出世を考えるだけで大局を見てをらず、その為諜報活動の重要さを理解してゐない、だから予算も少ないと嘆き、友人の参謀本部大佐に予算を回してくれと頼んだりする。

 そして、スパイの理想的な姿を日露戦争時代の明石大佐に求める。それは忍法で言ふ「草」に似てをり、敵地に溶け込んで生活し、かの地を内部から崩壊させるといふ活動である。開校当初に、一人の優秀なスパイは一個師団に相当する事を説明してゐるのだが、明石大佐はロシアに潜入してレーニンを動かし、ロシア国内を混乱させて日露戦争の勝利をもたらしたのであり、そのやうになれば一師団どころか一国に相当する、そしてスパイの精神は「誠」であると言ひ、生徒たちを心酔させる。


 さて、主人公次郎は陸軍少尉として勤務に就くが、ある日草薙に面会し、いくつかの奇妙な質問を受ける。数日後、陸軍省に赴く事を命じられ、ある粗末な建物に連れていかれる。そこが「学校」であり、次郎と同じ立場の者が18名ゐた。すべて普通の大学を卒業後、予備士官学校を出た新任の少尉で、スパイには普通人の感覚が必要といふのが大卒から選んだ理由だった。そして、偽名を名乗り、一切外部との接触を断つ事を命じられる。「奇妙な質問」は、実は選考試験なのだった。

 婚約者である雪子は、消息の途絶えた次郎を探すため、タイピストとして勤務してゐたイギリス人経営の会社を辞め、参謀本部の暗号班に勤める。その際力になってくれた前田大尉から、結婚を前提とした交際を求められる。前後して、イギリス人の社長から次郎が銃殺されたと聞かされる。理由は反軍的な言動とされてをり、そんな陸軍への復讐としてイギリスに協力する事を求められ、承諾する。実は彼もスパイだったのだ。

 一方、次郎はイギリスの暗号コードを手に入れる事を卒業試験として命じられる。それは、前田大尉が担当する解読が成果を挙げてゐないのを知った草薙が、予算を回すことを条件に大佐に提案した事で、他に二人が指名される。そして、何の痕跡も残さずに横浜の領事館にあるコード表を撮影する事に成功する。その経過が映画としては一番の見せ場で、実に面白かった。

 ところが、イギリスはすぐにコードを変更し、せっかくの苦労が水の泡となる。前田大尉が雪子にコード表が手に入った事を漏らし、彼女からイギリス人社長に伝はったためなのだが、それを突き止めたのは次郎だった。報告を受けた草薙は、憲兵隊に捕へられ、拷問された上で死刑になるよりはお前の手であの世へ送ってやれと言ふ。

 次郎は雪子を訪ね、死んだと思ってゐた彼女を喜ばせる。そしてダンスや食事を楽しんだ後、ホテルに誘ふ。そこで三々九度のまねごとをするのだが、その際ワインにやや遅効性の毒を入れる。そしてベッドに入るのだが、間もなく雪子は絶命し、次郎は自殺に偽装してその場を去る。「今までどこで何をしてゐたの?」といふ質問には、後でゆっくり話すと言っただけで、結局何も告げずに事を終える。実に悲しい事だが、スパイになり切った次郎は冷静だった。非情と言ふしかない。
line
 図書館で見つけて借りてきた。狭山事件は1963年4月に起きてをり、当時私は中3だった。事件の年月は忘れてゐたが、事件そのものはよく覚えてゐる。石川一雄といふ人が犯人とされ、死刑判決を受けたが、控訴審で無期懲役に減刑された。最高裁もそれを支持して確定、彼は服役したが、仮釈放されて現在に至ってゐる。

 二審からは無罪を主張し、支援団体も発足して再審請求も行ったが、退けられてゐる。石川氏は被差別部落の住民で、差別に基づいた捜査・裁判であるといふ観点から部落解放同盟もそれに参加した。また、事件は警察が犯人を取り逃がしてしまった吉展ちゃん事件のひと月ほど後だった。その事で国民の強い批判があったのに、この時も身代金を受け取りに来た犯人を取り逃がし、またかといふ批判が沸き起こってゐた。それで警察は、失地回復せねばと必死だったらしい。

 さういふ状況は冤罪を生じさせる一つの条件でもあり、実際にその疑ひが濃い。私は断片的にしか知らないが、物証があまりなく、自白中心の捜査だったやうで、その自白が警察によって作られたことを窺はせる根拠をいくつか読んだことがある。念入りな家宅捜索を2回もしたのに発見できなかった万年筆が、鴨居の上といふ簡単に見つかるはづの場所で(後に)発見された事を知った時は、冤罪に違ひないと確信した。もっとも、それは何十年も前の事で、以来その種の情報に接してはゐなかった。


 それで、ぜひ読みたいと思ったのだが、これはあくまでも小説である。狭山事件に関心を持つ元新聞記者・林が、後輩女性記者・町子の推理を聞くといふ構成になってゐる。なを、彼は事件の二年後に埼玉県に転勤となり、資料をもってゐた。彼女は事件好きで、同じタイプの彼とよく話すことがあり、狭山事件に興味を持って資料を借りていった。そして、謎が分かりかけたから聞いてほしいと連絡した。偶々別の後輩(男性)が遊びに来てをり、彼は町子の後輩でもあったので二人で聞くことになる。

 しかしながら、著者は元朝日新聞の記者であり、林と町子は疑ひなく彼の分身である。だから、小説ではあるが純粋なフィクションではない。それは時に推理作家が採る手法で、彼もそれを用ひたわけだ。


 さて町子は、事件を取り巻くいくつもの不可解な事柄を、ある仮説を立てて解き明かしていく。それは真犯人を「X氏」とし、不可解な事を不可解でなくするには、X氏の行動はかうだったのではないか、と推理する手法だった。もちろんX氏だけでなく、被害者やその家族の行動も含まれる。

 それらの推理はなるほどと思へるものばかりで、読者としては町子の説を信じる気持ちがどんどん強くなっていくが、本当にさうか?といふ気持ちも起きる。それは作者も承知で、林が時々休憩して考へるシーンを作る事で、読者にも落ち着く余裕を与へてゐる。

 最後に、X氏は誰かといふ話になるが、町子はある人物をX氏と想定すればつじつまが合ふとし、犯行の日の朝から数日間をX氏を主人公として描写する。その人物の呼称はあくまでも「X氏」だが、明らかに被害者の兄だ。それを知って私は驚いた。その部分を読む前、被害者の姉の婚約者かな?と考へてゐた。彼は本文には登場しないが、姉は登場してをり、事件後結婚したが七月に自殺してゐる。その自殺も不可解な事の一つだが、婚約者が犯人で彼女がそれを知ってゐたとすれば腑に落ちるからだ。彼女は身代金を取りに来た犯人と5分ほど言葉を交はしてをり、犯人が少し声を変へたとしても誰かわかった可能性が高い。

 しかし、町子の推理では被害者の兄なのだ。ちなみに兄は二人ゐるが、長兄の方である。次兄は事件から14年後に自殺してをり、事業の失敗が理由とされてゐて事件とは関係なささうだが、この本では真相を知ってゐることが原因である可能性にも言及してゐる。驚いた理由は自分の推測が外れたからではない。近親相姦があった事になるからだ。

 町子即ち殿岡氏の説の根幹は、この事件は誘拐ではなく強姦殺人で、犯人が保身のために誘拐事件に見えるやうに細工したといふ事であり、その細工には、被差別部落の者が疑はれるやうに仕向ける事も含まれてゐる。もっとも、強姦については本来の意味ではなく、被害者が拒めない関係にあるため仕方なく応じたといふ見解を取ってゐる。それを説明する段階では、例として教師や上司を挙げてゐたが、最後のまとめでは兄としたわけだ。

 これは発表するには相当勇気のいる結論だが、著者には自信があるらしい。この本は2005年の出版だが、先立つ1990年に「犯人 狭山事件より」といふ本を上梓してをり、その前後に当人に質問を送って回答を拒否されてゐる。その質問の内容は「疑問点」としか書かれてゐないが、近親相姦のことも含まれてゐるのだらう。回答拒否を肯定と見做したのではないだらうか。

 「あとがき」にはかういふ記述があり、それは著者の自信を表してゐるやうにも読める。

:本書における推理に対し、不当だと思われる方は遠慮なく申し出ていただきたい。反省すべき点があれば改めて一層真理に迫るものにしたいと考える。:

 なを、事件の詳細や推理の詳細は省いたが、それらを取り上げたサイトがあったのでリンクさせてをく。

 
line
 数日前に薨去したが、100歳だったといふ。この人については、古代オリエント史の研究者といふ事しか知らなかったが、薨去したことでメディアに取り上げられたので、それ以外の人物像が少しわかった。それらのうち、「へえ、さうだったのか」と思ったのが、やや政治的な発言をしてゐた事だ。それを紹介してゐるサイトにあった著書を図書館で借りて来た。「帝王と墓と民衆」といふカッパブックス(1956年)で、特に「わが思い出の記」と題された、少し長いあとがきといった趣のものにそれがあった。

 この本は、サブタイトルが「オリエントのあけぼの」であり、古代オリエント史の入門書なのだが、「わが思い出の記」は、自己紹介を兼ねてその道に進む事になった経過を述べてゐる。

 1915年生まれの宮は、旧制中学(学習院中等科)で4年間勉強した後、陸軍士官学校に入る。当時は「皇族身位(しんい)令」といふものがあり、皇族男子は18歳以上の年齢で陸軍か海軍の武官になると定められてゐた。ただし、その原則が崩れかけてゐた時代で、別のコースを行くことも不可能だったわけではないらしい。

 ともあれ、1936年士官学校を卒業し、習志野の騎兵隊に勤務することになった。それは乗馬が得意だったことに関係があるらしい。そして1939年陸大に入学し、卒業後、参謀として南京に赴任する。1年間ゐたのだが、ここで本文から引用する。


 :わたしくしの信念が根底から揺りうごかされたのは、じつにこの一年間であった。いわば「聖戦」の実体に驚きはてたのである。罪もない中国の人民にたいして犯したいまわしい暴虐の数かずは、いまさらここにあげるまでもない。かかる事変当初の一部の将兵の残虐行為は、中国人の対日敵愾心をいやがうえにもあおりたて、およそ聖戦とはおもいもつかない結果を招いてしまった。:


 その反省から政府は対華新政策なるものを決定し、現地では、それに基づいて「四悪」を禁止するといふ命令をくだした。「四悪」とは、略奪、暴行、放火、強姦ださうで、それらが横行してゐたからこその命令だったことは明らかだ。

 所謂南京大虐殺を含めた暴虐行為は、戦後11年の時点では周知の事実だった事がわかる。また、皇族である宮はあまり偏った見方をしないはずだし、現地にゐたこともあって記述は信頼できると思ふ。前世紀末ころから南京大虐殺についての議論が盛んになってゐるが、それについては、主な論点は数の多寡にあるやうだが数の問題ではない、「そもそもなかった」などとといふのは論外と発言してゐたさうだ。

 また、青年将校だった時代のことについて二つの深刻な反省をしてゐる。一つは、初年兵教官としての訓話で「大義、親(しん)を滅す」を強調したことだ。これは平重盛の「忠ならんと欲す
れば・・・」から話を起こし、軍人は孝よりも忠を優先すべしと教へたのだが、人間の精神や行動をすっきり割り切るのは無理であることを理解できない年齢、つまり未熟ゆゑの誤りだったとしてゐる。

 もう一つは、上官の命令が正しいとは限らないが、結局は命令に服従することが求められ、自分も中隊長として命令服従の関係を安易に割り切ってゐたことだ。誤った命令によって命を落とした人たちを憐れみ、以上を当時の部下たちへのお詫びとしてここに記したとしてゐる。


 この本からは離れるが、宮は民主主義を歓迎し、いろいろ制約の多い皇族としては積極的に民主主義に基づく発言をしたやうだ。特に、紀元節復活の機運が高まったころ、学問的に根拠がないとして反対を表明し、そのため「赤い宮様」と呼ばれたさうだ。また、天皇の譲位についても、戦後まもない頃に認めるべきといふ見解を表明してをり、それも今回の報道で知った。


 以上、新たに知ったことを書いてみた次第である。
line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line