今日は皇太子の誕生日だが、51年前のこの日のことをわりとよく覚えている。

 前年の4月10日にロイヤルウェディングがあり、学校が休みになって隣家のTVでパレードを見た。ミッチーブーム最高潮の日だったが、その後懐妊が伝えられ、国民注視の中でこの日に到る。帰宅すると、いつものように母がいて何かおやつをくれたような気がするが、そのうち夕餉の準備にとりかかった。

 ラジオがかかっていたのだが、ややあって宮内庁の発表が報じられた。「皇太子妃殿下におかれましては、本日午後4時15分、男子をご出産になりました。御母子ともに健全でいらっしゃいます。」という内容だったと記憶している。その時母が「美智子さん、でかした!」と言った。5年生だった私には、男子を産んだことを言っているのは理解できたが、「でかした」というほどの事なのか、よくわからなかった。


 母は、皇室の跡取りについては先代のことを知っている世代である。今の天皇が生まれたのは昭和9年だが、それまでは女子ばかりが産まれ、国民はヤキモキしていた。側室を置いて男子を・・・という声もあったと聞いている。そういうときに待望の男子が生まれ、「日継ぎの御子は生れましぬ」という歌も作られた。それがタイトルなのか、歌詞の一節なのかは知らないが、とにかく祝賀気分が溢れたようだ。

 26年を経て、今度はいきなり「日継ぎの御子」である。「でかした!」と言ったのは、そういう背景ゆえではなかったろうか。


 数年前の悠仁親王誕生のとき、「紀子さん、でかした」と言った人がどれくらいいたか知るよしもないが、そういう人も雅子さんをおもんぱかってやや控えめだったろう。ちなみに私は、天皇は男子が望ましいが女子でもいいと思っており、自分の長子の希望はむしろ女子だった。また、三人目の孫が男と知ったときも、それまで以上に喜んだということはない。
スポンサーサイト
line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line