19日、元横綱大鵬の納谷幸喜さんが亡くなった。72歳だったという。

 子供の頃、プロスポーツは野球と相撲しかなかったから、両方とも自然に興味を持った。相撲が始まると、新聞は十両以上のすべての勝敗に加えて、幕下以下については北海道出身力士の星取表を載せていた。そこも見ていたのだが、納谷という力士が幕下の一桁で好成績を収めているのに気づいたのはいつの事だったろうか。

 それを忘れた頃、「明日の角界を担う大鵬のすべて」という囲み記事に接した。入幕が確実になった時のことで「3年で入幕?の超スピード」というサブタイトルがついていた。親方が期待を込めてつけた四股名の由来も簡単に書かれていたが、その記事で納谷が関取になって大鵬と改名していたことを知ったのだった。

 今回の報道で入幕が昭和35年1月だったことを知ったが、してみると「幕下上位の納谷が好成績・・・」というのはその1年ほど前だったと思われる。その新入幕の場所、初日から白星を続けて11連勝、それは千代の山の10連勝を破るものだった。ただ、千代の山の時は一場所が十日だったので、厳密には違う表現が必要だが・・・。

 そして12日目、小結柏戸に敗れるのだが、その対戦は「柏鵬時代の夜明け」と言われた。その少し前、「富樫」という平幕力士が12勝3敗だったことを覚えいるが、それが柏戸になったのだった。ともあれ、ちょうどテレビを買って間もない頃だったので、柏戸の左下手投げを鮮明に覚えている。

 横綱になったのは翌昭和36年の11月場所だったが、大関できっちり二場所連続優勝しての昇進、続いてさらに二場所、計四場所連続で優勝した。柏戸は同時昇進だったが、条件をゆるめてのもので疑問に思ったことを覚えている。しかし、「柏鵬時代」を売り物にするための方策としては許されるかと考えるほかない。


 ところで、大鵬は横綱昇進の際、インタビューに答えて「これからは自分との戦いだ」と言ったそうだ。私はそれを父親から聞かされた。中学生になった年だったので、学業に向かう姿勢を諭すための話だった。もっとも、「自分と戦う」ということの意味がよくわからなかったのだが・・・。



 余談だが、大鵬は「美男力士」と言われた。父親がロシア人で、混血が良い方向に働いたのかもしれない。ご両親の顔は知らないが、実にハンサムで、彼を超える美男力士は未だに現れていない。ひょっとしたらいるのかもしれないが、少なくとも幕内に昇進しなければ話題にもならないだろう。天は二物を与えずというが、例外も大鵬に限らず結構たくさんあるものだ。
スポンサーサイト
line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line