昨日、あるファミレスのようなところで食事をしたのだが、ウェイトレスに、タイトルに書いた敬語の誤用があった。「ファミレス語」にはいろいろ批判があるのだが、あまりファミレスには行かないので、実体験としてはさほどない。近年では「マニュアル敬語」という言葉あり、これはファミレスに限らず、客商売の大半が採用しているようだ。今回の経験は、どちらかと言えば「マニュアル敬語」として括られるものについての事だろう。


 さて本題だが、あるサービス価格のメニューを注文した。するとウェイトレスが、「ドリンクバーはおつきになりませんが、よろしいですか?」と言ったのだ。思わず「えっ?」と聞き返しそうになった。その前の説明を含めて流ちょうに話していたので、彼女自身の語法でなく、マニュアルに則った言い回しと思われる。


 ドリンクバーに敬語を使ってどうするのだ?思うに、敬語の形をたくさん使うのが客を立てることになる、と考えているのだろう。それ自体、聞く方にとってはわずらわしいのだが、人間でない、生き物ですらないものに敬語を使うとはちょっと信じられない。マニュアルを作った責任者は、「おつきになる」の主語が客だとでも思ったのだろうか。


 もっとも、アナウンサーでさえ誤用を犯す時代だから、驚くには当たらないのかもしれないが、それにしてもひどい。「おつけになれません」なら問題はなく、マニュアルではそうなっているが彼女が間違って覚えた、という可能性もある。それなら当人の問題(指導のことはさておき)なのだが、私はそうではない確率が高い気がしている。過剰敬語・誤用敬語が氾濫している時代である事がその理由だが、機会があれば確かめてみたい。

 
スポンサーサイト
line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line