「泰平の眠りを覚ます上喜撰 たつた四杯で夜も寝られず」

 この狂歌は高校の日本史で知り、うまいものだと感心したのだが、その時以来、ペリーが率いてきた艦隊は4隻の蒸気船だと思ってゐた。しかし、実際には2隻だった。確かに黒船は4隻だったのだが、うち2隻は帆船だったのだ。

 その事を知ったのは、佐藤賢一の小説「ペリー」によってである。幕末は数知れないほどの小説やドラマで描かれてゐるが、アメリカ側の視点でのものはほとんど知らない。実際にもわづかしかないと思はれるが、これは私が知る唯一の作品だ。ひと月前に図書館で見つけ、借りてきたのだが、あまり面白くなく、期限の2週間で1/4くらいしか読み進めなかった。章立ては三つで、「アメリカ」「アジア」ジャパン」となってをり、その感想は「アメリカ」の部分だったが、「ジャパン」を読まずに返却するのは意に染まないので、再度借りて読破したのだが、やはり「ジャパン」は面白かった。

 さて、ペリーは10隻以上の艦隊で来るつもりだったらしい。当時アメリカは、インド洋から中国にかけて東アジア艦隊を展開してゐたといふ。その一部を日本に派遣することとし、司令官にペリーを指名したのだが、アヘン戦争や太平天国の乱の影響から彼の要求を大幅に下回る4隻になったのだった。ペリーは、大艦隊で江戸に乗り込み、威圧的に開国を迫るといふ戦略を立てたのだが、出鼻をくじかれる格好になった。しかし、4隻でしかも半分は帆船といふ陣容でも江戸幕府を驚かせるには十分だった事になる。

 ところで、ペリーは長崎が唯一外国に開かれてゐたのを知ってゐたが、そこに入ると、オランダの干渉を受けかねないので、いきなり江戸を目指したのだった。ついでながら、私はペリーが太平洋を横断してきたものと思ひこんでゐたのだが、実際は東海岸から所謂インド航路で上海へ、そして琉球に立ち寄り、さらに小笠原諸島を経由して江戸湾に向かったのだった。スエズ運河もパナマ運河も未開通の時代なので、考へてみれば当然だったが、学校で経路を教へられた記憶はない。

 ともあれ、浦賀で初めて現地の役人と交渉し、親書の受け取りなどは長崎以外ではできないといふ当初の返答から、ここで受け取るといふ譲歩を得る。ただし、受け取るだけで、それ以外のことはできない。ペリーは再訪を告げて一旦去る。

 そして翌年、条約締結といふ最終目標のために再訪するのだが、その会談の場所が横浜だった。その際、前年には間に合はなかった贈答品を渡す。たっぷりあったやうだが、目玉は蒸気機関車と電信設備だった。機関車は本国で走ってゐるものの1/4スケールだったが、周回線路を敷いて走らせた。日本人は、遊園地での子供のやうに喜んで乗ったらしい。また、電信は電柱を敷設し、1マイルの電線を引いて、日本人に通話させたさうだ。

 それらの「お土産」については、これまで全く知らなかったので新鮮な驚きだった。更なる驚きは、日本の知識人は蒸気機関の原理を知ってゐたといふ事だった。ペリーも驚いたらしいが、オランダとわづかながら交流がある事や、それまでの現地見聞で日本の技術力や識字率の高さに気づいてゐた事から納得できた。そして、機械工業を導入すればさほど時間をかけずにアメリカに追いつくのではないかと予測する。

 さういふペリーの認識は、主要参考文献のトップに彼の「日本遠征記」が挙げられてゐるので、フィクションではないと思はれる。ちなみに、これは1948~55年の岩波文庫となってをり、元の出版物がいつかはわからない。また、20009年の翻訳も挙げられてをり、これは原典のおよそ150年後になる。 さておき、彼の予測は中らずと雖も遠からずと言へるだらう。WIKIによれば、1893年に初の国産機関車が製造されてをり、20世紀に入ると量産体制ができてゐる。さらに約30年後、満州で世界トップレベルの「あじあ号」が走る事になる。


 本の感想文のやうになってしまったが、蒸気船の数が「たった四杯」ではなかった事が面白くて「ちょっと面白いこと」のカテゴリーにした。
スポンサーサイト
line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line