今日は長崎に原爆が落とされた日だが、岡山大学で理学部教授を務めてゐた高校同期のO氏によれば、「そもそも原爆は軍事施設など強固な施設への破壊力は小さく、民間人や民家などが選択的に破壊されることは投下の時点ではっきり認識されていたので、兵器というよりは、殺人凶器と呼ぶのがふさわしい」といふ事だ。

 かういふ説明は今まで聞いた事がない。私の寡聞によるのかもしれないが、少なくとも盛んに言はれてきてはゐない。近年「大量破壊兵器」といふ言葉がよく聞かれ、それは核兵器が主なものと認識してゐるが、軍事施設をも破壊するといふイメージがある。72年前とは質が変化してゐるのだらうか。

 さておき、さういふ兵器を使ふのは非戦闘員を殺戮する事であり、東京大空襲などとともに許されざるべき戦争のやり方で、定かではないが戦時国際法なるものがそれを禁じてゐたやうに思ふ。いづれにしろ、これについて日本政府がアメリカに抗議してゐないのは不思議だ。韓国は慰安婦の件でしつこいほど日本に抗議してきたし、中国も南京大虐殺を抗議してゐる。いづれも正確な真実は確定されてゐないが、原爆は実態が明らかになってゐる。

 また、同氏は「実戦でその効力を確かめるために2度の投下が決められ、広島は平面地形、長崎は囲まれた地形であったことが選択理由であったようです」とも述べてゐる。つまり日本人は実験台にされたわけで、それは地形の事を除けば私も知ってゐた。戦争終結を早めるため、といふ理由もよく知られてをり、実際「本土決戦」には至らなかったのだが、それが免罪理由になるとも思へない。

 アメリカとはすでに65年間同盟関係にあり、歴代政権は常にと言へるほどその強化を掲げてきた。とはいへ対立する場面もあったわけで、同盟国だから抗議しないといふことにはならない。中韓も日本と国交があり、少なくとも建前としては友好親善を謳ってゐるが、それとこれとは別といふ姿勢なのだらう。日米間でも、友好とは別に「戦時中の非道を謝罪せよ」と言へるはづである。戦後のほとんどの期間が自民党政権であり、野党が「対米従属」と批判する事が多いが、その野党からも、原爆についてアメリカに抗議するといふ意見は聞こえてこない。対米従属を批判するのだから、仮にアメリカから睨まれても痛痒はないはづだ。ただし、少数の人がそれを主張してゐるのは知ってゐるが、影響力が小さいせいか、世論を形成するには至ってゐない。


 田原総一朗ではないが、政治生命を賭けてでも対アメリカ抗議を主張する有力政治家が現れないものだらうか。ひょっとすると、彼が首相に提案したのはその事?もしさうであってしかも実行すれば、安倍晋三をほとんど評価してゐない私も彼を見直すのだが・・・。
スポンサーサイト
line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line