今朝のTV番組「サタデープラス」で、「おもちゃの歴史で振り返るニッポン」といふコーナーがあり、野球盤が取り上げられてゐた。

 1974年に発売されたものが、10万でヒット商品とされるおもちゃ業界で300万台といふメガヒットになったといふ。「あれ?もっと前からあったぞ」と思ひながら見てゐると、初代は1958年の発売で、74年のものはある機能を追加したとの事だった。

 1958年の私は4年生だったが、当時「野球ゲーム」といふので遊んだ。自分でを持ってゐたのか、いとこの家にあったのか、後者のやうな気がするが、それは野球場をかたどったボードゲームで、攻撃側が二つのサイコロを振り、出た目によってヒットとかアウトとかホームランとかになる。ランナーが出るとバントや盗塁などを宣言する事ができ、やはりサイコロで成否が決まる。それを繰り返していくのだが、要するに双六を野球風に複雑化させたものだった。

 そのうちに野球盤といふものを知り、欲しいと思ったが親にねだる事はしなかった。ところで、隣家に父の後輩の若い一家が住んでをり、そこには私より三つか四つ下の男の子がゐた。しょっちゅう行き来してゐたのだが、ある時そこに野球盤が登場した。それがいつだったか定かではないが、とにかく私はあこがれの野球盤で遊ぶことができたのだった。ちなみに、その家ではTVも我が家より早く購入した。

 ところで先ほどの「ある機能」とは、何と!「消える魔球」だった。消える魔球は、「巨人の星」の星飛雄馬が編み出した「大リーグボール2号」の別名で、漫画で登場したのは多分70年頃だったと思ふ。なぜ消えるのかが男子の間で話題になったことをよく覚えてゐる。野球盤での消える魔球は、ホームベースの部分が陥没してボールがそこに落ちる仕掛けだった。絶対に打てないので、子供たちの間では「10球に1球」などのルールができていったさうだ・・・なるほどね。

 さておき、情報番組から五十数年前を思ひ出した次第である。
スポンサーサイト
line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line