「大義なき解散」による総選挙が終盤にさしかかってゐるが、メディアの予測では自民党が勝ちさうである。現有議席を減らすとしてもわづかで、増える可能性の方が高いらしい。従って単独で過半数を獲るのは確実、公明党は現状維持になりさうで、与党が三分の二を占める事も十分ありさうである。安倍首相は「与党で過半数」を勝敗ラインとしてゐたが、それは希望の党ができる前のものであり、激変した野党の様相によって情勢も変化してゐる。

 野党の様相と言へば、当初は実に分かりにくかったが、公示を経て少し分かりやすくなった。小池百合子は、安倍一強を終わらせると言ってゐたが、政策面では自民党と大きな違ひがなく、単に安倍を首相の座から降ろしたいだけのやうである。前原民進党は、やはり安倍政権を倒したいのだが、その方法として野党の共闘ではなく一本化といふ道を選んだ。しかし、政策に関する踏み絵を提示されて分裂する事になった。これが小池前原会談でどこまで話されてゐたのかが疑問だが、枝野の新党結成を「想定内」と発言したので、どうやら知ってゐたと思はれ、ならば裏切りと言へるだらう。

 だから、枝野の行動は筋を通したものだが、それに加わる者が少ない事には失望した。それでも30議席ほどを獲れさうだと予測されてゐるのは、私と同様に考へる人がかなりゐる事を示してゐる。

 前原は元々民進党内の右派と言はれてをり、小池と合流したのは、アメリカ流の二大政党を目指したものだらう。アメリカは、社会主義・共産主義といふ意味での左翼は無視できるほどであり、資本主義社会を全面的に肯定した上での二大政党が時々政権交代を演じてゐる。ソ連崩壊で共産主義の敗北が明らかになり、数少ない共産主義国家も資本主義の様相を呈してゐる現代、その方向は世界史的必然なのかもしれない。

 であるならば、共産党や社民党は衰退するのが当然の流れで、その存在意義は根本的に反自民といふ点だらう。立憲民主党も上記の意味での左翼ではないが、根本的な部分での反自民といふところで彼らと共闘できるだらう。

 かくして、三極構造となった今回の総選挙は、自公が300~310、希望が70~80、立憲・共産・社民が60~70、残りがその他といふ結果になりさうである。二大政党とは言へないが、あと数回選挙があれば、立・共・社が凋落してアメリカに近くなるかもしれない。

 ともあれ、閣議決定で憲法解釈を変更し、それに基づいて強引に成立させた安保法制を支持する勢力が三分の二どころか85パーセントほどを占め、そのトップが安倍晋三といふのは、重大な事態である。その先には戦前回帰の改憲が想定されるからだ。この予測が当たるならば、日本の黄昏である。黄昏の先には暗闇が待ってゐる。アメリカが主導する戦争に協力し、その状況のもとで個人の自由がどんどん制限される事になりかねない。仮に改憲しなくても、解釈変更と安保法制、更には特定秘密保護法が有効である限り、その危惧は消えない。時事通信のオンライン記事(10/13)によれば、昨年夏に、安倍は改憲は必ずしも必要ではなくなった、なぜなら安保法制が成立した事で集団的自衛権の行使についてアメリカから要請がなくなったからだ、と田原総一朗に語ったといふ。これほど明確にアメリカの意向に沿ふ政治を認めるのは珍しいが、分かりやすいとは言へる。

 願はくは、まだ投票先を決めてゐない半分強の有権者の票が立・共・社グループに流れてほしいものである。さうならないとすれば、70年経って定着したかに見える日本国憲法の根幹を、実は多くの人が理解してゐないとせざるを得ない。敢て言へば、私の予想は悲観的である。
スポンサーサイト
line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line