裁判員制度の意外な問題点

裁判員制度が始まってから8ヶ月ほど経ったが、北海道では意外な問題点が明らかになった。

 釧路地裁と函館地裁であいついで対象の裁判が行われることになり、候補者が呼び集められたのだが、問題は管轄範囲の広さによるものだ。釧路地裁の範囲は四国全島より広く、ある女性は、鉄道は便が悪いので車で行くことにしたのだが、冬道に自信がないため、夫が会社を休んで片道3時間の運転手を務めた。また、函館地裁の範囲は釧路よりはるかに狭いが、奥尻島で漁業を営む人がいて、フェリーを含めて往復3日かかったという。

 日当や交通費は夫の分までは支給されないというし、往復3日はかなりの負担だ。奥尻の人は裁判員に選ばれなかったが、スピード裁判で3日で終わったにしても9日間つぶれるわけで、もし選ばれたら断るつもりだったそうだ。

 狭い都府県の人にはピンと来ないかもしれない。私にしても、地裁のある旭川に住んでいるため、遠距離を往復することには、新聞を読むまで全く気づいていなかった。ちなみに稚内からは250キロ、利尻礼文の島民ならまずフェリーか飛行機で稚内に行かねばならず、函館への空路がある奥尻より更に条件が悪い。

 今後、そういうことへの配慮が必要になるだろう。

 
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line