円の面積

学力テスト関連のニュースで、円の面積を求める方法をやっていた。途中から見たのだが、扇形に分割して互い違いに並べると平行四辺形に似ており、どんどん細かくしていくと長方形に限りなく近づく、という説明をしていた。私はこれを小学生の時習ったが、それに「目から鱗」というキャプションがついていた。

「えっ、これが目から鱗?」と目を疑った。ネットで検索すると、ある質問箱に「どうしてこういう公式になるのかわからない」という投稿があり、それが2002年のものだった。

 とすると、当時は単に公式を覚えさせるだけだったと思われる。そして今もそうなのだろう。もし、ゆとり教育でそうなったのなら、ゆとり教育とはとんでもないものだ。円周率を「およそ3」とするとか、台形の面積の出し方を教えないとかは話題になっていたが・・・。

 そもそも算数は、九九を覚えるなどの例外はあるが、論理的な思考法を身につけるための勉強だと思う。公式を暗記して円や台形の面積が出せても、生活にはほとんど役に立たない。役に立たないことを教える必要がないと言ってしまえば、算数は四則演算だけでいいことになる。しかし、なぜそういう公式が導かれるのかを教えれば論理的思考の訓練になり、それが将来役立つのだ。

 だから、「円を扇形に細分化して云々」を省略して公式を暗記させるのは意味がない。中学校ではやるのかもしれないが、だから小学校でやる必要がないとは言えないはずだ。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line