「障がい者」

このところ「障がい者」という文字をよく見るようになった。以前は「障害者」だったのだが、なぜ平仮名にしたのだろうか。ひょっとすると、「障碍者」が本来の表現だが常用漢字の関係で平仮名にしたのかな?と思っていた。

 ところが、実際にはもっと前から使われ始め、いまや主流になりつつあるらしい。あるサイトによると、10年前多摩市役所で初めて使われたという。『障害者の"害"の字が不快感を与えて好ましくない。また、一般的に「障害者」の"害"の字には「悪くすること」「わざわい」などの否定的な意味があり、「障害」は本人の意思でない生来のものや、病気・事故などに起因するものであることから、その人を表すときに"害"を用いることは人権尊重の観点からも好ましくはない。』という理由だそうだ。


 私はずっと以前から「障害者」という言葉が嫌いだった。運動会の「障害物競走」からの類推で、「障害となる人」という印象があるからだ。もし「障害となる人」なら、社会から排除されかねない。もちろん、「身体の自由な動きに障害となるものがある人」という意味で使っているのはわかっているが、そういう印象を持つのも無理はない、という理由を書いておく。

 そうでない人を指す「健常者」は、「健康で通常な人」のことだと思うが、「健常」は形容詞句として使われている。だから、対義語としての「障害者」でも「障害」を形容詞句と理解してもおかしくはない。そしてやはり形容詞句として使う「障害物」という語がすでにあるのだ。


 さて、「障害者」を「障がい者」と書くことにどんな意味があるのだろうか。前掲の理由はとても納得できない。同サイトによれば、すでに「障礙者」→「障碍者」→「障害者」と変遷してきているという。そして「障がい者」になりつつあるわけだが、そのうち「しょうがい者」→「しょうがいしゃ」になるかもしれない、と皮肉っている。

 この話は、差別をしてはいけないという本質とは無縁の、めくら・つんぼ・びっこ等の言葉が追放されてきたのと同じ流れの言葉狩りに過ぎない。そういう人を指して言うのはもちろんよくないが、言葉自体を使うなというのは行き過ぎだ。「めくらめっぽう」「つんぼさじき」「びっこを引く」などまで「不適切な表現」とするに到っては、呆れてものが言えない。比喩ではなく、実際にそうなっているのだから全く嘆かわしい限りである。

:参考:http://blog.goo.ne.jp/moth3/e/630ad7ccf0b18e1b0f26742a60cd5379

スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line