小学英語と中学英語

4月から小学校でも英語を教えることになっているが、すでに先行実施している学校もある。そういう小学校を卒業した中学生に、読み書きでつまずいている者が少なくないという。以前そういう小学校の授業をTVで見たが、会話が主体だった。それは、国際化に対応するための初歩という位置づけから来ているようだ。

 私の時代に比べると今の中学英語は会話が多くなっているようだが、読み書きと文法が中心であることに変わりはないし、会話も実際に会話するより、会話体の文の読み書きという形だ。それは高校英語につながり、その先には大学受験がある。

 つまり、小学校と中学校では教育の大目標が異なっているわけで、つまずくのも不思議ではない。今日見た報道で、ある教師が「小学校で1・2・3、中学では4・5・6、となっていればいいのだが・・・」と言っていたが全くその通りだと思う。小学校で会話の初歩をやり、中学ではその続きがあまりなく、読み書き文法の初歩から始まる。そして後者が重視される。これでは同じ英語という教科でも、むしろ別物と言った方がわかりやすい。

 何のために英語を教えるのかあるいは学ぶのか、ということを改めて考え直す必要があると私は思う。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line