「くださる」と「いただく」

「くださる」は「くれる」の尊敬表現で、主語は相手だ。「いただく」は「もらう」の謙譲表現で、主語は自分である。

 ここ数十年、特に十年くらいの傾向として、この二つが混同されている。よく使われる「○○様が××していただく」は正しくない。ただし、○○様がさらに上の立場の人に××してもらうことを言うなら正しいのだが、そういう言い方はほとんど消滅している。

 正しくは、「○○様に××していただく」あるいは「○○様が××してくださる」である。しかし、社会的地位のある人や「今時の若者」でない人も、しょっちゅうこういう言い方(書き方)をしているようだ。

 思うに、いつ頃からか、やたらと謙譲表現をすることがはやりだしたのが一つの原因で、「いただく」の多用はその表れだ。そこで、言い始めは○○様を主語にしていたが、文を終える時にはそれを忘れてしまい、自分の謙譲表現にしてしまうせいではないだろうか。しかし、推敲できる文章でもそれがあるので、正しいと思って使っている可能性も高い。

 
 長年岩波国語辞典の編集にたずさわってきた水谷静夫氏の「曲り角の日本語」によれば、その大きな原因として、国語審議会~国語分科会が「~してくださる」より「~ていただく」を広めたことを指摘し、敬語としては動作主体を主語にするのが本筋で、話し手である自分がしゃしゃりでて「いただく」を連発するする必要はない、と批判している。

 
 確かに、「~してくださる」という言い方はめったに聞かなくなった。私もほとんど使わない。そして、その延長上に主語の混乱が重なったのだろう。国語審議会以降のことは知らなかったが、もしそうなら国家的な誤りを犯したことになる。

スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line