放射能と「食の安全」に関連して思うこと

福島の原発事故に関連して、食の安全の話題が賑やかだ。もちろん、放射能汚染は健康に大きな影響があるから大事な事なのだが、少し疑問に感じることもある。

 それは、主婦特に40歳くらいまでのお母さんたちに、「よくわからない」と言う人が多いことだ。我が子を守る親として、普通食の面を担当する母親の関心が高いのは当然だが、「わからない」や「本当に大丈夫?」を連発するのは怠慢ではないだろうか。

 放射線量やその影響、体内に取り入れて問題ないかどうか、などがTVなどでくり返し説明されている。普段はなじみがないし、単位も初耳だからわかりにくいのは確かだ。また、官僚の説明が素人に不親切でもあった。しかし、それを噛み砕く解説もあるし、官僚の説明も徐々に不親切ではなくなってきている。

 それなのにわからない、とはどういう事だろう。自ら不勉強を表明しているようなものではないか。

 私は学校時代、物理の成績は良い方だった。そのベースがあるから、シーベルトなどを初めて聞いてもさほど難儀はしなかった。一方、物理が苦手とか、ちんぷんかんぷんだったという人もいるに違いない。そういう人からは、「お前は物理ができたからいいが、オレはダメだったんだ」と言われるかもしれない。

 私に言わせればそれこそ怠慢である。わからないのではなく、わかろうとしないのであり、それを物理が苦手ということで逃げているに過ぎない。

 学校の成績が良くなかった人はたくさんいる。しかし、そういう人も職業に就くと、仕事上必要なことは覚えるし、何か資格が必要となれば、勉強して取っている。中にはできない人がいるにしても、それはかなり少数のはずだ。

 つまり、必要なら勉強するという姿勢さえあれば、放射能関連も、食の安全にかかわる範囲レベルのことは大半の人に理解できるはずなのだ。大学理学部レベルの勉強ではないのだから。


 ただし、「本当に大丈夫?」という発言の背景には、政府や官僚あるいは東電への不信感がある事も考えられる。それはまた別の問題なので、ここでは触れないことにする。

スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line