ハロウィーン

ハロウィーンが日本で話題に上るようになってから、10年くらいだろうか。当初はかぼちゃをくりぬいて顔を作るのと、お盆のようなものらしいことしか知らなかったが、商業ベースで色んなものを取り入れることがまた始まったなと思っていた。

 日付は10月31日、即ち今日だそうで、商業施設では10月に入るとハロウィーンの飾り付けが始まるようだ。これだけ普及してくると、ハロウィーンって何だ?という疑問を解決したくなってくる。とりあえずウィキに当たってみた。全幅の信頼はおいていないが、概要を知るには便利だ。それによると、元はケルト人の習慣で、彼らにとっての1年の始まりは11月1日、その前夜には死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられ、これらから身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていたという。ならば、それらは災いをなすものという観念があったのだろう。「これら」が家族を訪ねる死者の魂を含むのかどうかがわかりにくいが、家族に会いに来る死者の魂を迎えたり送ったりするお盆とは少し趣が異なるようだ。そして、そのまま引用すると、

 <これに因み、31日の夜、カボチャ(本来はカブ)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン (Jack-o'-lantern) 」を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. ご馳走をくれないと悪戯するよ)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。>

 トリックオアトリートは七夕の「ろうそく出せ」に似ており、由来はさておき、子供達には楽しい遊びだろう(ただし、「ろうそく出せ」は北海道でしか行われないらしい)。また、現在最も盛んなのはアメリカで、収穫祭の意味もあるようだ。

 今日本で取り入れられているのは、その「楽しい遊び」の部分だけのようだ。クリスマスがサンタクロースの、ひいては家族や恋人同士のプレゼントだけで盛り上がるのと同じパターンであり、商業主義にリードされた行事の宿命だろう。バレンタインデーも当初は由来が紹介され、女から告白してもよい日で、その意味を込めてチョコレートを渡したのだが、今では女が男にチョコレートを贈らねばならない日という認識しかなさそうだ。女の方から告白するのははしたない、という観念が薄れたことも影響しているだろうが・・・。

 もっとも、多くの行事は年月が経つにつれ由来が忘れられていくものだが、商業ベースで外国のものを取り入れる場合は、初めから由来などどうでもいいと言っても過言ではない。その意味では、花祭りのように商業主義に毒されていないマイナーなものの方が、長く意味を失わないに違いない。


 ついでながら、イースターが日本に取り入れられる可能性を考えてみる。ハロウィーンが普及し始めた頃、私はそのうちイースターも・・・と思っていたが、改めて考えると可能性は低い。一つには、日付がわかりづらい。春分の後の最初の満月の次に来る日曜日、ということで一ヶ月ほどの範囲で日付が動のだが、クリスチャンでない日本人は、そんなわかりにくい決まりを覚えようとはしないだろう。商業ベースで宣伝されれば覚える必要はないが、次に書くようにそうはなりそうにない。

 また、クリスマスなどのような「楽しい遊び」の要素に乏しい。彩色したゆで卵を食べるというのがあるくらいだ。だから、あまり商売に結びつきそうではない。せいぜい卵と絵の具が売れるくらいだろうが、絵の具はさておき、卵は黙っていても毎日売れるし、工場生産ではないからある期間だけ大量に仕入れることも難しい。さらに、イースターのころは、デパートなどにとっては入進学や就職にかかわる商戦の時期で、それに加えて卵と絵の具しか売れないイースターを取り込む必要はないだろう。


 これは花祭りが普及しない理由にも通じる。花祭りも「楽しい遊び」は甘茶を飲むことくらいだし、デパートなどは鯉のぼりや武者人形のシーズンに突入しているからだ。



 ともあれ私は、ハロウィーンを楽しもうという気は全くなく、世間の様子を見ているだけである。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line