5.7mと15m

今日のニュースで、原発の事故調査委員会の報告が報道され、東電の津波対策を知った。

 それによると、東電は津波の高さを5.7mと想定して防潮堤を作っていたが、2009年に
15mもあり得るという認識にかわった。しかし、それに合わせた防潮堤のを改造はしていなかった。

 私は以前、経験した最大の津波に備えているはずだから東電の責任は追求できない、と考えていた。(http://shunkai273.blog23.fc2.com/blog-entry-172.html)だが、15mを想定していたとなると話は違ってくる。改造工事を予定していたかどうか、報道ではわからないが、もし予定していたのなら、惜しかったということになるが、そうでなければ責任を問われる。

 報道は東電の防潮堤改造計画に触れていない、そのことが不満である。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line