姓・苗字・氏

姓と苗字は本来は違うものらしい、ということはずっと前から知っていたが、具体的にはわからなかった。古代、姓は天皇が臣下に与えるもの、従って天皇家には姓がない。しかし、中臣鎌足が「藤原」を賜ったことや、源氏や平氏が皇族の身分を離れる際にその姓を賜ったのは学校でも習うが、何十万もある姓をすべて天皇が与えたとは考えられない。多くは明治になってから様々な理由でつけたものだろうが、それ以前にも苗字はあった。そういえば、中臣は姓ではなく苗字なのだろうか・・・。

 
 それとは別に、氏(うじ)という言い方があり、氏族という言葉もある。その有力なものは豪族と呼ばれたりする。氏は、姓や苗字とも別の概念のように思われるが、どう違うのかよくわからない。


 ところが、「源氏と日本国王」という講談社現代新書で、その辺のことが少しよくわかった。岡野友彦という人が著者だが、坂田聡という人の著作から、姓と苗字の違いを「簡潔かつ的確な説明」として紹介している。それによると、「姓は天皇が上から与える公的な名前で、苗字はみずから私称する名前である。平安時代以降の姓は父系制的な血縁原理によって継承される名であり、父系に血縁関係をたどると氏人はみな同姓なのに対し、苗字は家という社会組織自体の名であり、決して血族の名前ではない。」

 少しわかりにくいが、ポイントは「家という社会組織」のようだ。岡野氏によれば、中世の「家」は現代の「家庭」とはことなり、特定の家業とそれを経営するための家産を伝える「社会組織」に他ならず、それがたまたま一定の「血縁集団」によって運営されているに過ぎない。現代における一族経営の会社組織のようなものと考えるのがわかりやすい、ということだった。

 つまり、「氏」や「氏族」は血族集団を表す言葉であり、その名を自称すれば「苗字」、天皇から賜れば「姓」となる。平安時代以降は、血族の名前が「姓」で家の名前が「苗字」、それが同じ場合もあり、わかりにくい原因の一つになっているようだ。

 天皇家も氏族の中核だが、氏の名前はない。しかし、「王氏」という言葉が天皇を擁する血族を意味しており、天皇の子や孫として臣籍降下した人の系統である源氏や平氏も、数世代までは「王氏」に含まれるという。



 まだ十分な理解ではないが、少なくとも、この本を読む前よりはかなり進歩した。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line