社会現象としてのAKB48

昨夜、AKB48の選抜総選挙の発表があった。

 AKBのことは、存在を知っているだけで曲は知らないし、メンバーの名前もほとんど知らず、総選挙も聞いたことはあるが、4回目ということを含めて具体的なことは何も知らなかった。

 ただ、総選挙を控えてワイドショーやスポーツ紙の芸能欄などでよく取り上げられるので、最近なんとなくわかるようになってきた。そこへ生中継があるのを知り、ちょっと見てみようかという気になった。


 この種のグループとしては、過去におにゃんこクラブ・モーニング娘。があり、それらに似ている部分も多いが、総選挙は新しい試みだ。16名編成のグループで新曲を出すそうで、そのメンバーを選ぶのにファン投票を採用しており、だからこそ「選抜総選挙」なのだということが今回わかった。1位になるとステージで最高の位置を占めることができ、また17位以下の16名で「アンダーガールズ」という言わば二軍チームを組むこと、さらに、メンバーの総数は200名を超え、その中に狭義の「AKB48」や、「チームA」「チームK」「チームB」「SKE48」などがあることもわかった。

 宝塚に「星組」や「花組」などがあり、それぞれに「トップ」がいることや、プロ野球のオールスターファン投票などを取り入れたとも言えるようだ。

 面白いのは、番組のスタジオゲストに脳科学の茂木氏が来ていたり、森永卓朗や田原総一朗などの評論家がビデオでコメントを寄せていたことだ。森永はなるほどという感じがあるが、田原や茂木は私にとっては意外だった。


 こうなると、もはや社会現象である。同じ日の「ワールドビジネスサテライト」でも、「総選挙」が新たなマーケティングの手法として採用されているという特集を組んでいた。タイミングを合わせた放送だが、キャスターたちの中に「誰それが好き」という人もいた。

 改めて、秋元康の流行を作り出す能力の高さを知らされた思いである。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line