大飯原発再稼働への反応に思う

大飯原発の再稼働が事実上決まった。野田首相が、記者会見で「国民のくらしを守るということを基軸として再起動が必要と判断した」と語ったからで、これからおおい町や福井県議会、県知事の承認を経て再稼働となる見通しだ。

 この判断はマスコミには評判が悪い。知る限り、肯定的に評価したコメントはなかった。権力を批判するのはマスコミの重要な役割だが、私には、「とにかく批判しておけば無難だ」と考えているように見える。一般大衆が福島以来反原発に傾いていることへの迎合とも言えよう。

 橋下市長の容認発言から言葉を借りれば、事故によるリスクと停電によるリスクを天秤にかけて考える必要がある。また、大前提として、震災までは原発にかなりの部分を依存していたという現実もある。福島の事故はいうまでもなく地震と津波が原因だが、それを受けて安全性を点検し、同程度の災害でもメルトダウンが起きないという結論のもとに行った判断なら、それでいいはずだ。ただ、本当に安全か?という疑問が残るのは当然であり、そのことを、規制庁が発足していないとか、専門家でなく政治家が判断するのはおかしいとかで追求するのは一応頷けるが、細野担当大臣が発言したように、完全な安全はなく、その意味ではどんな基準も暫定的である。

 電力の最需要期を控えて、停電による国民生活の乱れというリスクは目前に迫っている。一方、メルトダウンを引き起こすような地震や津波は千年とか数百年に一度しか起きない。だからここしばらくは絶対大丈夫、とは断言できないが、確率は極めて低い。であれば、多少の不安はあっても再稼働に踏み切るというのは政治判断として妥当だと思う。

 もちろん「完全な安全」に向けての努力は必要だし、それが望めないなら脱原発に梶を切ることになる。長期的にはその方向にあるのだが、物事を長期と短期に分けて考えるのは当然で、今回の判断はその短期のものである。ただ、首相の発言ではそのことが明確ではなかった。私からすれば、批判されるべきはその点である。

 
 余談を一つ・・・墜落事故を起こした航空会社の飛行機に乗るか乗らないか。乗らないというのは「また起こすかも知れない」と考える人、乗るというのは「事故の後は安全対策を厳しく考えるからむしろ安全だ」と考える人である。どちらもあり得る選択だが、全体として墜落事故がゼロになることはないだろうし、同時に墜落の確率は極めて低い。


 ともあれ、大事故のあとは神経質になっても不思議はないが、神経質になりすぎて判断を誤っても困るのだ。多くの批判は、拙速で国民の理解を得にくいという論旨のように見えるが、もっと時間をかけて理解を得られる根拠を、というなら計画停電(特に近畿地方の)へ対応準備が必要だ。しかしそこまで踏み込んだ意見はなかったと思う。予想される不足分の補完や節電が奏功せず、予期せぬ停電で深刻な事態が起きたら、マスコミや大衆は政治を批判するに違いない。その際、再稼働すべきでないと主張したことは無責任にも棚に上げるのだ。もっと腰を据えて、現実をきちんと見なければいけない。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line