野球の思い出

 WBCでの日本の優勝は喜ばしい出来事だった。韓国との決勝は見応えがあり、問題点はさておき、流石は世界一を決めるゲームと感じた。

 50年ほど前の小学生時代、地域の仲間と毎日のようにソフトボールをやっていた。本当は皆、野球をやりたかったのだが、グローブを持っている者は稀で、素手でできるソフトボールで遊んだのだ。しかし時あたかも高度成長期にさしかかり、大半の家にグローブが一つはある、という状況になって野球ができるようになった。

 それが中学3年の時だった。そして町内で初の少年野球大会が催され、それを経て町内全体の選抜チームが作られた。当然ながら3年生が多く、少数の2年生を交えた結成だったが、その陣容で全市の町内会対抗少年野球大会に出場することになった。

 私はキャッチャーをやらされた。というのは、本来のキャッチャーが夏休みに海で水死してしまい、後釜がいなくて仕方なくやることになったからだ。初めはおっかなびっくりだったが、間もなく、バッターが振っても平気になった。そしてさらに、ピッチャーをリードするのが面白くなった。

 練習を重ねて本番の大会に望んだが、相手は比較的裕福な地域のチームで、そのせいか体格がよく、レベルも高かった。健闘むなしく敗れたが、それが1回戦だったのか、1回勝って2回戦だったのか、全く記憶がない。

 試合後、町内で簡単な慰労会が催され、大人達がねぎらってくれた。選手達は皆悔しさ一杯だったが、次第に平静に戻っていったように思う。

 中学校でもクラス対抗の野球大会があったし、その頃は大半の少年が野球に親しんでいた。今も野球は盛んだが、サッカーなど他のスポーツも勢力を増しており、スポーツといえば野球、という時代は遠くなった。その時代に少年だった私にとっては、すでに見るだけになって久しいが、熱中できるスポーツはやはり野球だ。
スポンサーサイト

theme : 野球全般
genre : スポーツ

line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line