武井咲

 武井咲という女優を知ったのは、TVドラマの「Wの悲劇」だったか、「平清盛」だったか、ほぼ同時だったような気もするが・・・さておき「咲」を「えみ」と読ませるのはちょっと無理があるなと思ったものだ。

 先に注目したのは「Wの悲劇」の方で、互いにそうとは知らずに全然違う環境で育った双子の姉妹を、うまく演じ分けているのに感心した。顔立ちは美形で、はたちを過ぎたくらいかなと思ったが、まだ18歳と知って驚いた。

 清盛の方では、初めは貧しい庶民で身なりや顔も汚れていたが、それが常盤だった。宮廷に仕えることになり、後に義朝の側室になるのだが、当時都一の美女と言われた常盤御前にふさわしく、年齢的にも釣り合っているように思えた。実際の常盤の生年はわからないのだが、平安時代だから17歳前後で宮廷に入ったと推測して不自然ではないだろう。ちなみに、何年か前の「義経」では稲森いずみが演じており、当時30歳前後に見えたが、義経が10歳くらいなので、それもちょうど良かったのだろう。

 その常盤も、18歳とは思えないほどにしっかり演じている。

 昨日、NHKの「スタジオパークからこんにちは」のゲストとして出た回の再放送を偶然見ることができた。それでわかったのだが、12歳の時、国民的美少女コンテストに出て、二つの賞をもらったという。幼い頃からモデルになりたかったそうで、それをきっかけにモデルになり、そのうち役者に誘われてやってみることにしたという。今では女優が本業になっているようだ。

 2歳ほど上の剛力彩芽も人気があるが、彼女が底抜けに明るい印象なのに比べ、武井咲には(明るい性格らしいが)どこかに暗さがあり、役者としてはより幅広さを持てるように思う。これが当たっているかどうか、数年後にはわかるだろう。

 今、映画の「愛と誠」で早乙女愛をやっているそうだが、これもはまり役になりそうだ。間もなく公開されるので、見てみようという気持ちはあるが、ちょっと映画館に行くのが恥ずかしい^^もっとも、原作は確か30年以上前の漫画だから、当時20代だった者がまた観に行くことも十分考えられるのだが・・・。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line