二泊三日の同期会

 過日、高校の同期会があったのだが、同期会のブログへのコメントの中に、「同期会に二泊三日もかけるなんて・・・」と家族にあきれられた・・・というのがあった。

 そう、二泊三日だったのだ。朝里のホテルで開催する本体の同期会をはさんで、定山渓での”お泊まり会”と市内の文化施設見学が設定されていた。さらに当日、母校訪問もあり、それらは自由参加だったが、お泊まり会には19名、母校訪問には38名、本番には75名が参加した。施設見学は15名ほどだったようだ。

 私はすべてに参加することにしていたが、施設見学はちょっとした事情でキャンセルした。さておき、二泊三日を費やしたのが何人いたのか、定かではないが私を含めて最大19名ということになる。

 卒業後45年というタイミングで、物故者を除いた総数の15%以上が集まり、そのまた四半分ほどが二泊というのは、珍しいのではあるまいか。5年前には90名近く集まったし、我々は結束が固い、と出席率の高い連中は自覚している。


 さて、定山渓では、同期の一員が経営する会社の保養所に宿泊という条件のもと、料金に倍する、とは言わないが何割増しかの内容で夜中まで楽しんだ。翌日、小樽への途上、円山にある本格的な喫茶店でコーヒーを飲みながら談笑する。ここはメンバーの姪夫婦がやっているのだが、とてもいい店で、開店直後の貸し切り状態だったのも幸運だった。

 その後、やはりメンバーの経営する蕎麦屋で昼食をとり、母校へと移動する。教頭先生の案内で建て替えられてガラリと変わった校舎を見学し、秀才の誉れ高かった岡山大学教授の模擬授業を受ける。

 超伝導というテーマで少し疲れた頭を、落語「化け物使い」でほぐしてもらう。演者は2年のとき落研を設立し、大学でも同様、卒業後も続けている男で、うまさはプロの二つ目クラスに匹敵する。

 夕刻近く、ホテルに移動していよいよ本番。宴会に先立ってロビーで写真撮影をしたが、75名をまとめるのは骨で、かなり時間がかかった。ついつい高校生気分になり、「他のお客さんもいらっしゃるんだから・・・」と宿泊業をやっている女子にたしなめられてしまったのもむべなるかな・・・。

 別会場(ホテル内)での二次会を含めて5時間以上、小グループを作ったり改編したりしながら話に花を咲かせた。

 三日目、施設見学へはホテルのバスを利用したのだが、自家用車の私はあとで合流するつもりだった。しかし、のんびりしているうちに面倒になり、別行動に変更。市内の親類などに行く友を送ったあと、一人になってもう一つの母校訪問をしてきた。

 日曜で誰もいないかと思ったが、音楽関係のグループが二つ、練習に来ていた。それを少し見物してから図書館に行ってみると開いており、在学時にはなかった資料室を見学してきた。入いるとすぐに前学長の肖像画が目に入り、思わず「先生!」と呼びかけた。案内の職員に声を掛けられ、「去年亡くなってしまって・・・」と言ったとたん、涙が溢れて何も言えなくなったしまった・・・。

 昼時になり、再び蕎麦屋に赴く。見学を終えた連中が既に到着しており、多少の言い訳をしてまた談笑・・・実に盛り沢山の二泊三日だった。
スポンサーサイト
line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【二泊三日の同期会】

 過日、高校の同期会があったのだが、同期会のブログへのコメントの中に、「同期会に二泊三日もかけるな
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line