「従軍慰安婦」に関する一つの話

いわゆる従軍慰安婦を巡る件だが、慰安所があったことは間違いなく、従って慰安婦がいたのは当然だ。彼女たちがどのようにして慰安婦になったのか、それぞれ事情があると思われるが、議論は、軍による強制連行があったかどうかが主なテーマになっているようだ。

 それらの議論をよく知っているわけではない。おおざっぱに言えば、一般的にはあったと思われているが、なかったという主張が主に右翼からなされている。ただ、その主張は戦前の日本を肯定する立場から、政府や軍を過度に弁護する調子が強いという印象がある。

 私は一般的な方の立場だが、絶対正しいという自信はなく、突っ込んで調べてみようという気持ちもなかった。ところが最近ある知人から、慰安婦が3年で2億円貯金したという話を聞いた。現在の貨幣価値への換算だが、とても信じられなかった。すると彼は、実際の貯金通帳があるから間違いないと言う。強制連行とは別の側面だが、興味をそそられた。

 ネットで検索すればすぐわかるという事だったので、さきほどやってみた。すると、ビルマで慰安婦をしていた女性のものがあった。1945年9月で26000円ほど、43年3月からなので、2年半でこれだけ貯まったことになる。資料によれば現在の物価は1950年の約8倍、1945年から50年はかなりのインフレで、正確にはわからないが、ざっと100倍見当とすれば、昭和20年の26000円は確かに2千万円くらいに相当する。あれ?一桁違う・・・すると1000倍だったのか?


 さておき・・・、解説によると当時ビルマのインフレはすさまじく、1943年3月から1945年9月までに260倍ほどになっている。日本は約1.6倍にすぎない。彼女はほぼ月に一度入金しているが、1945年4月から9月にかけて金額が跳ね上がっており、26000円のうちの20000円ほどがこの半年に預けられたものだ。貨幣価値を考慮すると、ビルマの26000円は日本の22円くらいにしかならない。先ほどの前提なら現在の20万円もしくは200万円くらい、となる。

 2年半で20万はあまりにも少ない。200万とすればひと月6~7万、これならありそうに思える金額だ。現代の性風俗店で働く女性がどれくらい稼いでいるのか、高級ソープランドの料金は4~5万、という彼の言を信じれば、売れっ子なら月40~50本としてざっと200万、当人に半分はいれば100万稼げる。平均はその半分と仮定すれば50万になる。

 件の従軍慰安婦は、収入の大半を貯金していたのだろう。貧しい家庭の出身であることは間違いなく、得た金を家族にわたすために貯めたと思われるからだ。してみると月の収入は10万そこそこ、という推測が成り立つ。


 その知人は、日本国による管理売春はその仕事に就く女性を相当に優遇していた、ということを言いたかったのだが、月に10万そこそこではとても優遇とは言えず、「信じられない」という私の直感の方がはるかに実態に近いだろう。


 なお、彼と同じ主張をするサイトは見つけられなかった。私が見たのは下のサイトである。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%BE%B7%B3%B0%D6%B0%C2%C9%D8
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line