「出雲と大和」 村井康彦

 前の記事で、卑弥呼や台与が女王だった倭国と大和朝廷との関係が知りたいと書いた。ちょうどその直後にこれを読み、説得力ある一つの答えを得た気分になった。

 著者の推論によれば、両者は滅ぼされたものと滅ぼしたものという関係である。まず、古事記や日本書紀に卑弥呼や台与の記事がないことから両者はつながっていないとする(日本書紀が神功皇后に卑弥呼を投影しているように見えるが、魏志倭人伝の記事を取り入れただけで、自ら受け継いでいる伝承ではない)。

 そして、邪馬台国へのルートについての倭人伝の記述を、不弥国から水行二十日で投馬国、そこから水行十日・陸行二十日で邪馬台国という記述を、九州北部の不弥国から日本海ルートでおそらく出雲あたりと思われる投馬国へ、そして大和にある邪馬台国へ陸行するものと読む。


 そして、邪馬台国を中心とする倭国は次第に衰え、日向の新興国がそれを滅ぼして大和王権を確立したとする。この過程を反映しているのが神武東征という解釈だ。


 これは大変魅力的な推論で、私の疑問を氷解させるものだ。考古学的根拠が不十分なことなど、仮説の域を出ないが、それは当然の事、箸墓の学術調査などでの補強が期待される。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line