組織票と浮動票

 明日は参議院鮮魚の投票日、いつものことながらマスコミなどが投票を呼びかけている。そして、街頭インタビューで色々な反応が紹介され、若者の投票率が低いことが取り上げられる。

 投票に行かない理由としてよく挙げられるのは、どこに入れても同じようなもの、自分の一票で何かが変わるとは思えない、というものだ。ここでは後者について少し書いてみることにする。


 選挙用語として「組織票と浮動票」というのがあるが、この理由を挙げるのはすべて「浮動票」を投じる人と思われる。「組織票」は、ある党派あるいはそれを支持する組織が構成員に指示することによってなされる投票であり、構成員はそれが集団としての力を発揮することを信じて投票行動をとる。従って、上記のような理由で投票しないというのはあり得ない。一方、「浮動票」は誰がどういう投票行動をとるかわからないものであり、政党としては気を遣わねばならない対象である。


 私は、まだ選挙権がなかったころ、衆議院総選挙に関して「重要な課題があるたびに解散し、すべてが浮動票であるのが理想」と考えていた。これは今も基本的に変わっていない。もし、すべてが浮動票なら、上記の理由で投票しない人はぐんと減るだろう。そしてずっと緊張感のある政治が続くはずだ。だが現実はそうでなく、他者とのつながりを持たない一票は単なる何十万分の一でしかない、と考えるのは無理からぬ事である。

 しかし、踏み込んで考えると「合成の誤謬」に行き着く。つまり、浮動票を投じることになる人々の大半がそう考えて棄権すると、組織票だけで結果が出て、組織に属さない人の意見は全く政治に反映されない事になってしまうのだ。それでいいんですか?という問いかけが必要だ。


 しかし、そういう問いかけあるいは呼びかけを(私の寡聞かもしれないが)これまでほとんど聞いたことがなく、「とにかく投票しないことには何も始まらない」という結論ばかりが強調されていたように思う。今朝のあるTV番組で、若者の投票率が低ければどうなるかを解説したコメンテーターがいたが、それは上に書いたことに通じるもので、ほとんど初めて聞いたように思う。投票を促すには、この種の説明がもっと頻繁に行われねばならないだろう。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line