アラカン

 アラカンと聞いて、往年の時代劇スター・嵐寛寿郎を思い浮かべる人は、50代以上だろうか。

 今年になってから、ある女流作家が「アラウンド還暦」の意味でこの言葉を盛んに使っていることを知った。昨年、天海祐希主演のTVドラマで「アラフォー」が流行し、ついでに「アラサー」も認知された事が前提になっている。アラフォー・アラサーは、結婚との関連で主に女性を対象にしているようだが、アラカンは男女を問わないらしい。

 還暦といえば、私が子供の頃は、孫の有無は別としておじいさん・おばあさんという印象だった。しかし時代と共にどんどん寿命が延び、若々しい60歳が増えてきた。そして今、自分が還暦を迎えてみると、3年前から孫もいるが、全然おじいさんという意識がない。もっとも他人からどう見えているかはわからないが・・・。

 その女流作家は、「色んなことにかかわり、恋もしましょう」と言っていたが、まさに老け込む年齢ではない。だから、「還暦前後」より「アラカン」の方が、元気そうで、アラフォーやアラサーとも対等に渡り合うような語感があり、私は気に入っている。男の立場で言えば、それこそアラフォー・アラサーと恋に落ちることもあり得るだろう。そういえば、俳優の中村梅雀は55歳だが、25歳年下の妻がいるそうだ。いつ結婚したか知らないが、そう古い事ではなさそうで、アラカンに入る数年前というところか。

 とにかく元気にやろうと思っているが、少々弱気を・・・。それは、新しい事を覚える能力が落ちていることだ。半世紀前のことは覚えていても昨日の夕飯は覚えていない、という話をよく聞くが、昨日の夕飯はさておき、何かを勉強しても、なかなか頭に定着しなくなってきた。以前は、ノートなどとらなくても赤ペン一本で覚えることができたのに・・・。今でもある程度はいけるが、忘れることも多くなった。5年ほど前は、そういう能力を70歳までは維持できると考えていたが、すでに衰えが始まったようで、ノートの世話になる必要が増していきそうだ。

 それでも、「まだまだ若い者には負けない」と言うのは年を取った証拠、と考えている私は、少なくともあと10年、このセリフを吐くつもりはない。アラカン万歳!
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line