閣議決定による憲法の解釈変更

 集団的自衛権を行使できる、と憲法の解釈を変更することが閣議で決定された。これまでは、個別的自衛権なら行使できるという解釈だったわけだが、それさえもかなり苦しい解釈だった。つまり、憲法になんら記載のない自衛権を、存在することは自明のものとし、従ってその行使も当然可能だ・・・というわけだが、「国の交戦権はこれを認めない」という9条2項後半の文言とは明確に矛盾する。

 そもそも「戦力を保持しない」(9条1項)ことにすら施行後数年で違反し、それがどんどん強力になってきた歴史があるのだが、それも自衛権を持つことを自明とする解釈によって正当化してきた。今回は、その手法を集団的自衛権に適用したわけである。閣議決定は全員一致が条件だが、護憲・平和主義を掲げる公明党の閣僚も賛成した。

 その点について公明党は、「限りなく個別的自衛権に近い」とし、「我が党が政権に参加していたからこそ、そういう限定がつけられた」と自画自賛している。確かに、「我が国が武力攻撃されたに近い状況」というのが行使条件の一つになっている。

 しかし、行使できる例として挙げられている機雷除去が、その条件を満たすとはとても思えない。想定されているのは、アメリカの軍艦が展開する海域で敵が機雷を敷設したという状況だが、これがなぜ日本は武力攻撃されたに近いのか。おそらくその海域はペルシア湾で、日本のタンカーも機雷によって被害を受ける可能性があるという理由だろうが、であれば相当に苦しいと言わざるを得ない。公明党の自画自賛も限界がすぐに見えるのだ。


 とにかく、自衛隊がからむことは、すべてといっていいほど9条との整合性が問題になる。だから改憲を・・・というのには十分理由がある。安部政権は改憲を目指しており、細かい賛否は別としてそれ自体に異議を唱えるつもりはない。問題は、改憲というハードルの高い方法に先だって、ハードルの低い閣議決定で改憲と同じ効果を狙うことの是非である。もう決定してしまったのだが、これが悪しき前例となる可能性は高い。

 例えば、また民主党が政権を取るということがあれば、元に戻す閣議決定をするだろう。また、自民党政権が続くなら限定を緩やかにする決定を重ねるかもしれない。どっちにしても憲法解釈をころころ変えることになりかねないわけで、そうなれば憲法遵守を義務づけられている政府、という大前提が崩れてしまう。巷では、戦争をする国になってしまうなどの反対意見が多いが、それよりこっちの方が重大だ、というのが私の感想である。ちなみに、戦争ができるように改憲することには、自衛という限定づきなら基本的には賛成である。どこまでが自衛か、という難しい問題はあるのだが・・・。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line