安倍首相の感覚を疑ふ

 報道によれば、安倍首相が国立大学での国旗掲揚・国歌斉唱を求めたといふ。理由は「国立だから」らしい。

 ことは学問の自由と大学の自治に関わるのだが、こんな話は聞いたことがない。私が大学の二年目に、東大や日大などで紛争が起こり、その事態に関連して「大学の運営に関する臨時措置法」が強引に可決された。そして、それがかえって紛争の火種になり、全国に広がった。さういふ時代だったから、学問の自由・大学の自治には敏感だったのだが、大学が穏やかだった時代にも、このことは大学人にはもちろん、政府すなわち国家権力にとっても当然のこととされてゐたはずである。

 ただ、振り返れば天皇機関説や滝川事件などが思ひ起こされるが、それらは(やや乱暴に言へば)すでに権力側の誤りと総括されてゐる。安倍氏がそれを知らないとはとても思へないし、学問の自由や大学の自治を侵す意図はないと言ふに違ひないが、蟻の一穴といふこともあるのだ。

 義務教育の現場ではすでに同じ事が求められ、実行されてゐるが、反対意見は根強い。それは、主に思想信条の自由といふ観点からのものだが、大学では学問の自由と大学の自治といふ観点が重要になる。この二つは、国家権力から自由な学問研究とそれを保証するものとして一体になってゐる。国旗掲揚や国歌斉唱は大学の判断にゆだねられるべき事柄の一つであり、それは国立であるか否かには関係ない。ちなみに推測だが、皇學館大学などではそんなことを言はれなくても日の丸を掲げてゐるのではないだらうか。

 もしこの件を強引に推し進めると、「大学立法」の時と同様な大学からの反発が起こるに違ひない。45年ほど前は、ベトナム反戦や70年安保などと複合して大政治闘争へと発展した。現在はさういふ情勢ではないから、当時ほど大規模な騒動にはならないと思はれるが、たとえ小規模であっても、安倍氏がさういう事態を望んでゐるはずはない。にもかかはらず打ち出したのは、さういふ見通しを持ってゐないのか、あるいは大学を見くびってゐるのか・・・。

 ともあれ、大学といふものについての感覚を疑はざるを得ない。

 
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line