7人制ラグビー

 さういふ競技があることを、つい数日前まで全く知らなかった。もともとラグビーは好きだが、同じフットボール系統のサッカーに比べて人気がなく、TV放映も少ないのを残念に思ってゐた。なんであんなにイライラするゲームに人気があるのか、ラグビーの方がよっぽど面白いのに・・・と思ってゐた。ところが今年、ワールドカップで3勝を挙げ、にわかに注目を浴びるやうになった。そのワールドカップにしても、これまであまりマスコミで取り上げられてはこなかったのだが・・・。

 さてをき、その流れで7人制も報道されるやうになったのだが、なんとリオ五輪の正式種目になってゐて、その出場権を賭けてのアジア大会が行はれてをり、しかも、日本はいいところにゐるのだった。そして昨日、その決勝戦があり、香港との試合が放映された。


 7人制は、15人制と同じ広さのコートで行はれ、ルールもはほとんど同じだといふ。ただ、半分以下の人数なので走り回る量が大きく、そのため7分ハーフといふ短い時間になってゐる。昨日の決勝は10分ハーフ、これがどういふ意味なのかよくわからないが、それでも25分程度で試合は終わった。動きも激しいし、短時間なので集中して観戦できた。サッカーではかうはいかない。

 さて、試合は前半3分ころ、香港が先制のトライを挙げた。守りの手薄な右サイドにボールを出し、パスを受けた選手がラインぎりぎりを駆け抜けたのだ。さらに数分後、もう一つトライを決められ、0-10となったときは負けるのではないかと思った。

 しかし、1トライを返して5-10で前半終了、望みをつないだ。後半は日本が攻勢の展開、もみ合ひからキックでボールを出し、それを敵味方一人ずつが追ってライン際で衝突、トライできたやうにも見えたが判定はノートライ、しかしいい位置での日本ボールとなり、同点に追いつくトライにつながった。ゴールも決めて12-10、この試合初めてのリードを奪う。さらに勢いの赴くまま1トライ、終了2分前にもトライを決めて勝利が不動となり、24-10でノーサイド。

 これで来年のリオ出場が決まったのだが、一連の流れでラグビー人気が高まるものと思はれる。すると、15人制も含めてTVでの放映も増え、さらにファンが拡大する、といふ好循環が期待できる。サッカーも、Jリーグの発足からワールドカップへの道といふ経過で人気が高まったわけで、ラグビーもそれに似た経過をたどることが期待できる。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line