文字の使用

  1~2世紀のものと推定される硯の破片が見つかったさうである。しかも二つめとのこと、場所は伊都国に比定される地域であり、従来3世紀ころからと考へられてゐた文字の使用が100年ほど早まったことになる。

 私は、文字の使用は3世紀頃からといふ通説を知らず、4~5世紀ころだらうと漠然と思ってゐた。とはいへ、一応の根拠はある。

 万葉集の冒頭の一首(こもよ みこもち・・・)は、雄略天皇の歌とされてゐる。それは定かではないらしいが、ともあれ彼は5世紀後半の大王であり、万葉集編纂のとき、すでに書かれたものとしてあったと考へられる。また、雄略は有名な倭王武の上表文を書いてゐる。その前の四人の大王も遣使を送ってをり、その際も何らかの文書を携へてゐたかもしれない。だから、5世紀初めには漢文を書けるやうになってゐたのではないかと推測してゐたのだ。

 今回の記事には、魏志倭人伝に、伊都国が外交文書を交わしてゐたといふ記述があると書いてあった。それは知らなかったのだが、であれば当然漢文を書けたことになり、硯の発見でそれが裏付けられた訳である。

 硯があれば、墨も筆もあったに違ひない。初めは大陸からもたらされたのだらうが、そのうち国内で作るやうになったと思はれる。してみると、卑弥呼が親魏倭王の印をもらった239年は、とうに漢文の読み書きができてゐた時代といふわけだ。さういふことについてきちんと考へたことはこれまでなかった。高校時代に日本史で習ったが、読み書きがどの程度だったかの説明はなく、単に史実として覚えたのだった。

 さてをき、では万葉仮名といふ使い方がいつ頃現れたのか、といふことに関心が移る。「こもよ みこもち・・・」が本当に雄略の歌なら、5世紀後半には使はれてゐたことになる。それと、訓読みがいつから行はれたかも気になるところだ。柿本人麻呂の歌には「東」や「野」などが訓読みで使はれてゐるから、飛鳥時代には一般的だっただらう。

 そもそも、漢字を習得して「山」「海」「空」の意味を知れば、「やま」「うみ」「そら」と読むことを思ひついても不思議ではない。さらに頻繁に使ふ動詞にも訓読みが適用され、日本語を書くことを試し始める。助動詞や助詞は表しやうがないが、そのうち音を借りることを思ひつく。まあ、そんな順序で万葉仮名が成立するのだらう。稲荷山の鉄剣の銘文が万葉仮名と漢文の混合のやうな文体だったことを思へば、思ひの外早いのかも知れない。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line