おつかれさま

「おつかれさま」とは、労をねぎらう言葉である。同じ意味で「ごくろうさま」というのもあり、前者は目上、後者は目下に対するものとされているが、異論もある。

 数年前から、これが濫用されているという印象があり、適切でないと感じることも少なくない。例えば、仕事上つきあいのある人からの電話で、先方に「○○です、おつかれさま」という名乗り方をされることがあるが、どうも違和感がある。こちらが何かの仕事をしたわけでなく、労をねぎらわれる場面ではないからだ。

 仕事と言えば、仕事が終わって帰路につくとき、一緒に帰る者同士の挨拶としても使われている。誤用とまでは言えないが、以前は「さようなら」に類する言葉が多かったように思う。また、先に帰る者が「お先に失礼します」、残って見送る者が「おつかれさま」あるいは「ごくろうさま」というのは自然なのだが、先に帰るのに「おつかれさま」と言う人もおり、私の感覚では誤用に近い。

 ネットで囲碁の対局をしているが、終わったときに「おつかれさま」とチャットが来ることがある。観戦者がいうのは問題ないのだが、対局者同士は対等に戦うのだからこれもおかしい。特にこちらが負けた時は、あなたは弱いけどよくがんばりましたね、と言われているように感じ、腹立たしいくらいだ。囲碁や将棋では、終局後は「ありがとうございました」と言うのが礼儀とされている。ただこれは韓国の人に多く、国による習慣の違いなのかも知れない。だから断定的なことは言わない方がよさそうだが、作法としては各国共通の部分と思うから、改めてもらいたいものだ。

 言葉の乱れということがよく言われるが、これもその一例と私は思っている。

スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line