高森明勅『天皇「生前退位」の真実』を読む

 ある本を買ふつもりで本屋に行った。それを見つけると、近くにこの本があった。私の関心事に合ひ、かつタイムリーだった。著者の高森明勅は、TVか新聞でコメントしてゐるのを見たり、天皇・皇室の分野の第一人者といふ評価をネットで見たこともあるが、著作を読んだことはなかった。

 そんなわけで、ちょうどいいと思ってそれも購入してきた。発行は昨年11月末だが、執筆の企画は7月にあり、秋までに刊行する予定でゐたところ、例のビデオメッセージがあったため、いろんな依頼が立て込んで手が付けられずにゐたさうだ。その結果、「お言葉」を踏まへて書くことになった。

 読んでみて、私の意見とほぼ同じであることに驚いた。専門家だから、内容に比べ物にならない深さがあるのは当然だが、譲位を認めるべき事、法的な手当ては皇室典範の改正で行ふべき事、女性・女系天皇を認めるべき事など、根幹はほとんど変はらない。

 ここでは、私が気づいてゐなかった事や教へられた事をいくつか書いてをく。


 一つには、日本国憲法第一条にある「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」についての考察である。詳細は省くが、天皇は国事行為によって国家の公的秩序の頂点に位置する事を示し、それが「日本国の象徴」としての務めである。一方、「国民の安寧と幸せを祈り、人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思ひに寄り添ふ」(「お言葉」から抽出)事が「日本国民統合の象徴」としての務めである。言はば前者は「静態」、後者は「動態」としての務め----これは大原康男氏の「象徴天皇考」にある述語を借用した説明だが----、その「動態」の具体的な内容はこれまであまり考察されてをらず、まさに今上陛下が身をもって示されてきた事としてゐる。

 私は、中学の社会科で憲法を習ったときに初めて「象徴」といふ言葉を知った。先生は「学校の校章のやうなもの」と説明したが、全く理解できなかった。もちろん数年後には理解したが、憲法上の「象徴」はぼんやりとした理解のまま、特に「国民統合の象徴」については、多くの人と同様ほとんど考へたことがなかった。だから、「静態」「動態」といふ観点にはなるほどと思はされた。


 次に女系天皇についてだが、著者は奈良時代の元正天皇を女系と認識してゐる。女帝である元明天皇の娘なので女系と言へるのだが、通説は、天武天皇の長男(草壁皇子)の長女なので男系といふ見解を取ってゐる。双系あるいは「めをと系」と考へることもできるが、とにかく重要な問題点だ。男系男子継承を絶対とする立場では女系天皇は過去一人もゐないとするが、もし元正が女系天皇ならその主張は根拠を失ふ。

 著者は、養老令の中の継嗣令に「皇兄弟・皇子はみな親王とせよ(女帝の子もまた同じ)」とあるのを示し、女帝の子はそれゆゑに親王なのであり、女帝の配偶者の血筋は問はないと解釈する。そして、親王は皇位継承資格者なのだから、元明から元正への継承は女系継承であるとする。なを、令のカッコ内は「本注」と呼ばれ、条文に元々備はってゐる注で本文同様法的拘束力がある。

 一方、通説は元明・元正の両天皇を首皇子(後の聖武天皇)が成人するまでの中継ぎとしてをり、それには二人の即位の経緯に照らして根拠がある。本来は、崩御した文武天皇の子である首皇子が即位すべきところ、幼少のため祖母(元明)・伯母(元正)がやむなく続けて即位したと見るのだが、日本書紀にはさう解釈できる記述がある。そして、元正は父系が天武につながるのだから男系であり、母が天皇だったのは偶々に過ぎないと考へるのだらう。偶々と言へば、元正を女系と見る立場では天武の孫だったのが偶々といふことになりさうだ。なを、養老令は757年の施行(制定は718年)で、両女帝の時代に有効だったのは大宝令だったが、同様の規定があったとされてゐる。

 私はこれまで通説に従ってゐたが、この本を読んだ今では、どちらが正しいのかわからない。ともあれ著者は、女帝も女系天皇も過去に例があるし、その根拠たる法規も明治の皇室典範ができるまで有効(実態はさてをき)だった事を重視する。そして、男系男子に拘ればいづれ皇統が断絶することを指摘して典範の改正を急ぐべきとする。


 もう一つ、旧宮家を復活させ、あるいは旧宮家の未成年男子を皇族の養子に迎へて皇族男子を確保するといふ主張への反論がある。簡単にまとめれば「現実性がない」といふ主張だ。著者は旧宮家の人を取材してその意志がないことを確認してゐる。また、養子については、常陸宮家は高齢のご夫妻のみ、三笠宮家と高円宮家には女性しかをらず、そもそも養子を迎へるべき宮家がないと言ふ。ただ、高齢や女性だけの家は養子を取れないのか、私にはよくわからない。

 加へて、理由の如何を問わず一たび皇族の地位を去れば復帰は認められない、といふ原則があるらしい。明治40年の皇室典範増補に規定があり、現在無効とはいへ、古来の不文法を成文化したものだから現在も従ふべき、といふ葦津珍彦の指摘(昭和29年)で、著者自身はそれを紹介するにとどめてゐる。


 他にもあるが、この三点はかなり重要と思ふ。あと、言はば番外として、沖縄関連を挙げてをく。陛下は皇太子時代を含めて数回、沖縄を訪問されてゐるがその事ではない。沖縄では、毎年6月23日に沖縄戦の追悼式があるが、その前夜祭で御製が流されるといふ。御製は普通和歌だが、ここでは「琉歌(りゅうか)」だ。琉歌は八・八・八・六で作られる定型詩で、御製には「摩文仁」といふタイトルがあり、琉球音楽の調べにのせて献奏される。現在では、よほどの専門家以外に琉歌を詠める人はゐないさうで、さる地元の学者が「陛下はすごい」と感嘆したといふ。琉歌を初めて知った私も感嘆した。


 最後に、著者は典範の改正試案も提示して解説してをり、よく考へられたものと感じたことを付け加へてこの稿を終へる事にする。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

No title

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F
には、条文を示していませんが、現行の皇室典範・旧皇室典範ともに、いったん皇族の身分を離れた者がふたたび皇族になることを禁止していると書いてあります。(しかし禁止規定があっても現行皇室典範を改正して皇族に戻すことは法的には可能でしょう。)また皇族の地位を去ってから復帰した例はいくつか有ることを書いています。

「高齢や女性だけの家は養子を取れないのか、私にはよくわからない」と遠慮した言い方をされていますが、「私には良く分からない」の部分を、「そんな根拠はないだろう」と置き換えてもいいのではありませんか。

旧宮家の人を取材してその意志がないことを確認したから「現実性がない」というのは、どうでしょうか。人の心は変わりますからね。私は、旧宮家の人を法律を改正して皇族に復帰させても国民がそれを認めないだろうと思います。法律を改正すれば「国民が認めた」ことになる訳ですが、実際の国民意識と離れて新たな皇族を作れば(それが旧宮家の人であっても)結局天皇制は国民から遊離した無意味なものになるでしょう。

皇室典範の改正で行うべきというのは恒久的な制度にすべしということでしょうが、私は、それは後でゆっくり論議すべきで、今はとにかく陛下がお元気なうちに特例法で譲位を認めるのが急がれると思っています。

女性天皇、女系天皇を認めるべきかは、国民投票で国民の意志を問うと良いのではないでしょうか。理屈や歴史の問題として考えるのは、どういう結論を導いても反対論者に対して余り説得力を持たない感じがします。

No title

 「私にはよくわからない」といふのは、遠慮したのではなく、家族法を知らないので本当にわからないんです。調べればよかったんですが、みこさんがさう言ふのなら、取れるんでせうね。

 特例法での対応が妥当かどうか・・・、みこさんの意見の通りに政府が考へてゐるならいいのですが、それでもかなり急ぐべきと思ひます。愛子内親王に対して、結婚して一般国民になるか、天皇になるかといふ重大な岐路をはっきりさせないのは気の毒です。それでなくても難しい年ごろですからね。

 典範改正なら女性・女系天皇の問題を避けるわけにはいかず、それが特例法方式の根拠の一つになってゐるのですが、10年前に方向性は出てゐるのだからさう難しい事ではない、と僕は考へます。悠仁親王が生まれなかったら、おそらくその方向での改正が成立してゐたでせう。

 旧宮家からの皇籍復帰については、仰るやうに国民の総意にそぐはない、つまり法改正は極めて困難と思ひます。  

No title

 改めて民法を調べてみました。792条以下ですが、高齢や独身(男女とも)は養子を取る事の障害にならないことがわかりました。高森氏も親族法の理解が不十分といふわけですね。

No title

高森氏が「養子については、常陸宮家は高齢のご夫妻のみ、三笠宮家と高円宮家には女性しかをらず、そもそも養子を迎へるべき宮家がない」と云うのは、民法の解釈を誤ったのではないと思います。

皇族は養子を取ることが出来ませんから、それをするなら皇室典範の改正が必要です。その場合に、高齢の夫婦だけの家族に養子を迎えても親子類似の関係は成り立ちにくいだろうという意味ではないでしょうか。同じく女性だけの家に男性の養子を迎えるのは、妙な勘ぐりを生んでよろしくないだろうという意味ではないでしょうか。

私が「そんな根拠はないだろう」と言ったのは、民法の解釈のことではありません。皇室典範を改正して養子縁組を可能にするのは、男性皇族を作りたいからという目的が明らかです。そうだとすれば、上に述べたような理由は余り重要ではないだろうという意味です。

愛子さまについて仰ることは、本当にその通りです。私は全くの他人事にすぎないのですが、愛子さまの立場を慮ると、心が痛みます。
line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line