「狭山事件の真犯人」・・・殿岡駿星

 図書館で見つけて借りてきた。狭山事件は1963年4月に起きてをり、当時私は中3だった。事件の年月は忘れてゐたが、事件そのものはよく覚えてゐる。石川一雄といふ人が犯人とされ、死刑判決を受けたが、控訴審で無期懲役に減刑された。最高裁もそれを支持して確定、彼は服役したが、仮釈放されて現在に至ってゐる。

 二審からは無罪を主張し、支援団体も発足して再審請求も行ったが、退けられてゐる。石川氏は被差別部落の住民で、差別に基づいた捜査・裁判であるといふ観点から部落解放同盟もそれに参加した。また、事件は警察が犯人を取り逃がしてしまった吉展ちゃん事件のひと月ほど後だった。その事で国民の強い批判があったのに、この時も身代金を受け取りに来た犯人を取り逃がし、またかといふ批判が沸き起こってゐた。それで警察は、失地回復せねばと必死だったらしい。

 さういふ状況は冤罪を生じさせる一つの条件でもあり、実際にその疑ひが濃い。私は断片的にしか知らないが、物証があまりなく、自白中心の捜査だったやうで、その自白が警察によって作られたことを窺はせる根拠をいくつか読んだことがある。念入りな家宅捜索を2回もしたのに発見できなかった万年筆が、鴨居の上といふ簡単に見つかるはづの場所で(後に)発見された事を知った時は、冤罪に違ひないと確信した。もっとも、それは何十年も前の事で、以来その種の情報に接してはゐなかった。


 それで、ぜひ読みたいと思ったのだが、これはあくまでも小説である。狭山事件に関心を持つ元新聞記者・林が、後輩女性記者・町子の推理を聞くといふ構成になってゐる。なを、彼は事件の二年後に埼玉県に転勤となり、資料をもってゐた。彼女は事件好きで、同じタイプの彼とよく話すことがあり、狭山事件に興味を持って資料を借りていった。そして、謎が分かりかけたから聞いてほしいと連絡した。偶々別の後輩(男性)が遊びに来てをり、彼は町子の後輩でもあったので二人で聞くことになる。

 しかしながら、著者は元朝日新聞の記者であり、林と町子は疑ひなく彼の分身である。だから、小説ではあるが純粋なフィクションではない。それは時に推理作家が採る手法で、彼もそれを用ひたわけだ。


 さて町子は、事件を取り巻くいくつもの不可解な事柄を、ある仮説を立てて解き明かしていく。それは真犯人を「X氏」とし、不可解な事を不可解でなくするには、X氏の行動はかうだったのではないか、と推理する手法だった。もちろんX氏だけでなく、被害者やその家族の行動も含まれる。

 それらの推理はなるほどと思へるものばかりで、読者としては町子の説を信じる気持ちがどんどん強くなっていくが、本当にさうか?といふ気持ちも起きる。それは作者も承知で、林が時々休憩して考へるシーンを作る事で、読者にも落ち着く余裕を与へてゐる。

 最後に、X氏は誰かといふ話になるが、町子はある人物をX氏と想定すればつじつまが合ふとし、犯行の日の朝から数日間をX氏を主人公として描写する。その人物の呼称はあくまでも「X氏」だが、明らかに被害者の兄だ。それを知って私は驚いた。その部分を読む前、被害者の姉の婚約者かな?と考へてゐた。彼は本文には登場しないが、姉は登場してをり、事件後結婚したが七月に自殺してゐる。その自殺も不可解な事の一つだが、婚約者が犯人で彼女がそれを知ってゐたとすれば腑に落ちるからだ。彼女は身代金を取りに来た犯人と5分ほど言葉を交はしてをり、犯人が少し声を変へたとしても誰かわかった可能性が高い。

 しかし、町子の推理では被害者の兄なのだ。ちなみに兄は二人ゐるが、長兄の方である。次兄は事件から14年後に自殺してをり、事業の失敗が理由とされてゐて事件とは関係なささうだが、この本では真相を知ってゐることが原因である可能性にも言及してゐる。驚いた理由は自分の推測が外れたからではない。近親相姦があった事になるからだ。

 町子即ち殿岡氏の説の根幹は、この事件は誘拐ではなく強姦殺人で、犯人が保身のために誘拐事件に見えるやうに細工したといふ事であり、その細工には、被差別部落の者が疑はれるやうに仕向ける事も含まれてゐる。もっとも、強姦については本来の意味ではなく、被害者が拒めない関係にあるため仕方なく応じたといふ見解を取ってゐる。それを説明する段階では、例として教師や上司を挙げてゐたが、最後のまとめでは兄としたわけだ。

 これは発表するには相当勇気のいる結論だが、著者には自信があるらしい。この本は2005年の出版だが、先立つ1990年に「犯人 狭山事件より」といふ本を上梓してをり、その前後に当人に質問を送って回答を拒否されてゐる。その質問の内容は「疑問点」としか書かれてゐないが、近親相姦のことも含まれてゐるのだらう。回答拒否を肯定と見做したのではないだらうか。

 「あとがき」にはかういふ記述があり、それは著者の自信を表してゐるやうにも読める。

:本書における推理に対し、不当だと思われる方は遠慮なく申し出ていただきたい。反省すべき点があれば改めて一層真理に迫るものにしたいと考える。:

 なを、事件の詳細や推理の詳細は省いたが、それらを取り上げたサイトがあったのでリンクさせてをく。

 
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line