愛国ポルノと戦前回帰

 つい最近「愛国ポルノ」といふ言葉を知った。前にも聞いたやうな気がするが、定かではない。ただ、「障碍者ポルノ」といふのがあったやうに思ひ、ちょっと検索してみたら「感動ポルノ」だった。これは障碍者の生活をテーマにしたドラマやドキュメントを指し、障碍があるけどこんなに頑張ってゐるといふ内容で、視聴者に感動を呼び起こす、いやむしろ感動を押し付けるものだ。

 私は、元々この種の番組が嫌ひだ。重い病気にかかってゐる人を取り上げるものもあるが、それも嫌ひである。ふと思ったのだが、そのハシリは「愛と死を見つめて」ではないだらうか。もう50年以上前だが、骨肉腫で余命わづかになってしまった女性と、その恋人がやり取りした手紙を、彼女の死後に出版したものだ。それが多くの人の感動を呼び、ベストセラーになった。映画やTVドラマにもなったし、青山和子が歌った曲はレコード大賞を取った。

 当時高校生だった私は素直に感動したが、社会人になってからは、この種のものにあまり感動しなくなった。内容が感動的でないわけではなく、何だか「感動しなさい」と言はれてゐるやうな気がして不愉快だったのだ。健康な人も頑張ってゐるでしょ?といふ思ひもあった。障碍者が取り上げられるやうになったのがいつ頃か記憶はないが、いつのまにかさういふものも増えてゐた。確かに病気や障碍はハンディキャップになるが、それに負けるのは、厳しく言へば人間として少しだらしない。健康な人も何かの事情で挫折することはよくあるが、多くの人はそこから立ち直る。

 もっとも、障碍者に対しては偏見や差別といふ現実がある。現在は、所謂ダイバシティの考へ方が広がってゐるが、半世紀前なら比較にならないほどつらい状況に置かれてゐただらう。障碍者を取り上げるやうになった当初は、さういふ状況を打破するためのアピールの意味があったのかもしれない。だが、昨今では「感動の押し付け」といふ雰囲気を感じさせるものになってゐる。裏話として、ドキュメンタリー撮影中の障碍者には深刻さうな態度が要求され、けらけら笑ふなどといふことがあればカットされるといったことが伝はってゐる。ついでにその流れで言へば、24時間テレビも好きではない。寄付が集まるのは結構だが、そこでも感動ポルノめいたものが放映されるからだ。また、タレントたちにギャラが支払はれるのにも疑問を感じる。もっとも、それを寄付する人もゐるやうなので、全面的に否定するわけではない。

 ちょっと脱線するが、乙武洋匡氏の登場は時代を切り開いたのではないかと考へてゐる。彼の著書を書店で見つけ、帯にある「障害は不便です。でも不幸ではありません。」といふ文だけでそれを感じた(本は読んでゐない)。


 さて「愛国ポルノ」だが・・・日本は素晴らしい国だといふことを訴へる本やTV番組を指すさうだ。さういふ番組を時々見るし、本屋に行ってもその種のタイトルがよく目につく。確かに以前より多くなってゐるが、そもそも、ここ10年かそこらの傾向ではないだらうか。TVはたくさん見てゐるわけではないが、どれも日本の良さを再認識させる内容になってゐて、ほお、さうだったのかと気づかされることもあり、わりと好きなジャンルではある。ただ、それを強調するあまり、外国にはかういふものはないといふ物言いが時に現れ、どうかと思ふ事もある。

 昨日のリテラによれば、その典型が四季だといふ。日本は四季の変化が美しいとよく言はれるが、熱帯や極地を除けば外国にも当然四季はある。どれほど美しいかは写真などでしか知らない自分にはよくわからないが、とにかく季節に応じた景色や楽しみがあるのは、芸術作品などからも窺ふことができる。ところが、さういふ番組に外国人タレントが招かれてコメントするケースでは、さういふことを言ってはいけないらしい。また、MCなどの日本人にも禁じられてゐるらしい。まあ、番組の性格上ある程度はうなづけるが、その種の発言があればカットされると聞けば、やりすぎの印象は否めない。

 リテラは、国全体の右傾化と軌を一にしてゐると分析してゐるが、私も数年前からさう感じてゐたので、それに同意する。また、「それは外国人タレントだけの問題ではない。日本人タレントでも日本批判めいたことを公の場で発言すれば、「反日」「在日は帰れ!」などといった中傷が殺到する。それどころか、外国のスポーツ選手を応援しただけで国賊扱いされる。」といふ記述もある。これはネトウヨの事を言ってゐるのだが、かういふ輩の存在は本当に嘆かはしい。しかし、それが実態であり、安倍政権になってからその傾向が進んでゐるやうに見える。戦前回帰は、程度はさてをき確実に進行してゐると私は判断してゐるが、残念ながら、私にはそれを止める力がない。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line