森友学園と安倍首相

 2月上旬からこの学園の話題が出始め、月末近くからは連日のやうに報道されてゐる。それには、二つの理由があり、一つは新設予定の小学校に関はる用地取得の不自然さ、もう一つは教育方針の特殊性だ。

 事の発端は一つ目の事で、評価額が10億ちょっとの国有地をおよそ1/10で取得したといふ。これまでにわかったのは、当初賃借だったが約1年後に買ひ取りになった事、学校を建てる過程で地下に廃棄物が発見された事、その処理費用が9億円弱と見積もられたためにさういふ価格になった事、しかし実際の費用は1億ちょっとだった事、さらに廃棄物の一部を埋め戻した疑ひが強い事などである。

 いかにも怪しい話で、土地価格については政治家の関与が推測できる。実際、鴻池氏が関はりかけたのは本人も認めてゐる。ただし、賃料を安くしてほしいなどの陳情を受けた際に現金と思しき包みを差し出されて激怒し、断ったさうだ。贈賄での告訴も可能かもしれないが、さてをきこれは事実らしい。そこで別の政治家の関与が疑はれる事になり、麻生氏周辺が取りざたされてゐるが、現段階ではどうなるかわからない。

 二つ目の教育方針だが、学園理事長の籠池氏は日本会議の大阪代表といふポストについてをり、当然日本会議の思想を反映してゐる。また、新設予定の小学校は神道に基づいた教育を謳ってゐる。私学なので、それらを批判される筋合いはない。だが、すでにある幼稚園の運動会で、安倍首相を支持する内容の選手宣誓をさせたり、中国や韓国を非難する事を言はせたり・・・となると、明らかに政治的中立から逸脱してゐる。

 また、園児の用便を制限し、漏らしてしまった者に排泄物を包んで持ち帰らせるといふのは、園児の年齢や衛生の観点から異常としか言へず、即刻改めるべきだらう。

 教育勅語を暗唱させるのも異常だが、籠池氏の思想からは当然の事と思はれ、私学でもあるから反対はしても非難はできない。ただ、もしさういふ教育が広く浸透したら、この国は再び危なくなるだらう。願はくは「異常」であり続けてほしい。


 さて、これら二つの事柄とは一応別でありながら一部で重なってゐるのが安倍首相との関係だ。その小学校の名称は「瑞穂の國記念小學院」といふのだが、計画当初は「安倍晋三記念小学校」で、安倍昭恵さんが名誉校長を務めることになってゐた。名誉校長の件は現在うやむやな状態らしいが、設立のための寄付金集めでは、園児の保護者などにその名称が記載された振り込み用紙が送られてゐる。映像が公開されてゐるので確かなことだ。

 それらに関はる質問に対し、安倍首相はさらりとした関係と受け取れる答弁をしてゐた。しかし、次第にさうではないことを窺はせるに十分な情報が出てくる。初めのうちは、「籠池氏は私の考へ方に共鳴してゐる」とか「森友学園の教育はすばらしいと妻から聞いてゐる」などと答へたが、その後、同氏とは一面識もないとした。これらの発言は必ずしも矛盾しないが、様々なことから面識がありさうに思はれる。昭恵さんの講演料も「受け取ってゐない」だったが、学園には支払った記録があると指摘されてうろたへたらしい(この部分はリテラによる)。

 何より、安倍晋三氏は間違ひなく日本会議とつながりを持ってゐる。彼の思想自体が戦前回帰的だし、日本会議はそれを鮮明に打ち出す団体だ。そして名前は忘れたが日本会議に同調する政治家組織(単なるグループ?)には多くの保守系政治家が名を連ねてをり、安倍氏はその一員といふより重鎮である。従って、安倍・籠池両氏に接触があっても全然不思議ではない。ある方が自然といふ見方すらできるかもしれない。昭恵さんは幼稚園で講演したり、名誉校長を引き受ける(経緯と現状は定かでないが学園側が求めたのは確実)など密接な関係を持ってをり、その夫であり、思想的にも共鳴する首相が、面識の有無はさてをきさらりとした関係に過ぎないとは考へにくい。市井の人物の妻がたまたま籠池氏と知り合って云々、といふ話ではないのだ。


 この記事で言ひたかったのは、森友学園の教育方針への疑問、国有地の賃貸料や売却価格の不透明さから窺はれる政治家の関与、安倍首相と学園理事長との関係の怪しさであるが、三つ目について補足してをく。

 どんな人にも思想や交友関係があり、その二つは多くの場合結びつく。だから、思想を同じくする二人に交友関係があってもそれは自然な事で、とやかく言はれる筋合ひはない。ある人物が、思想的に共鳴する人と妻も含めて交際し、彼の事業に協力する事にも問題はない。ただし、この件ではその思想に現憲法と整合しない部分がある。そしてその人物は、憲法の尊重・擁護を義務づけられてゐる国務大臣のトップたる安倍晋三首相である。

 個人としての思想信条の自由、首相としての憲法尊重擁護義務、その矛盾は当然本人も自覚してゐる。仮に協力したとしても、「私にも基本的人権がある、思想を同じくする知人の事業に協力して何が悪いのだ」と開き直るわけにはいかないのだ。協力したかどうかは不明だが、妻の名誉校長就任を承認(黙認?)してをり、少なくとも非協力的でなかったとは言へる。そして、実態は今の控へた表現以上だった疑ひがあり、それは答弁の様子からも窺へる。それが「怪しさ」の所以である。

 
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line