面白くなってきた

 森友学園の籠池理事長が国会で証人喚問されることになった。その経過は異例だ。小学校開設のための土地取得に関はる疑念が発端だが、野党はそれらを明らかにするために参考人招致を要求してゐた。対して与党は、違法性がない事を理由として応じず、招致は難しいといふ見方が支配的だった。

 ところが、昨日(3/16)事態は一変した。籠池氏が、「すべて国会で話す」「安倍首相から100万円の寄付をもらった」と発言したからだ。どっちが先か忘れたが、「寄付」に与党が反応した。自民党の竹下亘国対委員長は「首相に対する侮辱だ」と言ったが、それが参考人招致を飛び越えて証人喚問にした理由の一つで、あるいは最大の理由かもしれない。それが経過の異例さである。

 ともあれ面白い事になってきた。籠池氏を自宅に訪問した野党の議員団によれば、寄付者名簿に安倍首相の名はなかったといふ。それが事実で寄付も事実なら、何らかの理由で名簿に載せなかった事になる。その理由は想像に難くない。

 安倍首相は寄付してゐないと明言した事が官房長官によって語られた。一方籠池氏は、夫人から手渡され、その際「夫からです」と言はれたとしてゐる。どちらが真実か、客観的には物証を持たない籠池氏が不利である。何によらず、不存在を証明するのは存在を証明するより難しい。安倍首相としては「寄付してゐない」と言ふよりほかに手段はなく、何かの動かぬ証拠があれば簡単に崩れる。逆に、それがなければ崩せない。

 籠池氏が、名簿にないのに寄付を事実と主張するなら、首相夫人の言動を根拠とするよりないだらう。すると、第三者の証言がない限り水掛け論になる。仮に夫人に証言させても同じで、結局印象だけが残る事になる。安倍首相は最近よく「印象操作」といふ言葉を使ふが、この場合「操作」ができるだらうか。方法としては質問のしかただらう。与野党ともに質問に立つはづだから、質問の巧拙が物を言ふことになる。ただし、寄付したといふ印象が勝ったとしても、それで内閣が倒れる事にはなるまい。

 寄付があったと前提すれば、一つの「落としどころ」としてかういふ事も考へられる。即ち、昭恵さんが個人として寄付した、安倍晋三は関与してゐないといふものだ。名簿に載せなかったのは首相夫人であることを考慮したためとする。それなら私人の行為として一応片付く。ただし、昭恵さんが果たして純然たる私人かといふ問題はあるのだが、そこは何とか切り抜けるものとする。もちろん、籠池氏が前言を翻せばそれで寄付の件は終わり、彼は信用を失ふ事になる。


 さて、問題は寄付だけではない。むしろ、土地取得と学校開設の経過がそれより大きい問題なのだ。これがどの程度明らかになるかは予断を許さず、とにかく経過を見ることにする。23日の国会は注目の的である。


 ところで、一つ気になった事がある。それは竹下氏の発言にある「侮辱」が果たして適切かといふ事だ。寄付してゐないのに寄付したと言った、といふのが前提だが、それが侮辱なのか。「新明解」には「相手を見下して(ばかにして)ひどい扱いをすること」、「デジタル大辞泉」には「相手を軽んじ、はずかしめること。見下して、名誉などを傷つけること」とある。共通するのは「見下す」で、実際、「侮辱」にはその語感がある。

 籠池氏が安倍首相を見下してゐるといふ印象はない。それどころか、思想的に共鳴してをり、尊敬の対象ですらある。だからこそ「安倍晋三記念小学校」といふ名称に(当初)してゐたのだ。仮に「裏切られた」といふ思ひがあったにせよ、尊敬からいきなり侮辱に転落するとは考へにくい。寄付があった事を述べる際にも、「恐縮ですが」と枕をつけてゐた。これが見下したうえでの皮肉だったとも思へない。

 そんなわけで、「侮辱」は適切ではないと私は考へる。ならばどう言へばよかったか、愚考するに「無礼」あたりが適切だった。だが、「無礼」では証人喚問に値しないので敢へて「侮辱」にしたのかもしれない。それは竹下氏の言語能力と政治能力の問題だ。国対委員長だから政治能力はあるのだらうが、言語能力については考へる材料がほとんどない。「名誉毀損」(法律用語だが一般にも使はれる)でもよかったかもしれないが、それでもなかったから、さほど高くない事が僅かに窺へる。

 事の経過にをいては些細な事だらうが、「言葉にうるさい人間」として、書いてをく次第である。 
スポンサーサイト
line

comment

Secret

No title

甘利大臣のときの某氏のように録音していたとかいうことがあると、大きな騒ぎになるでしょうが...........

No title

録音はなささうですが、何か重大な事柄が出てくるかもしれないし、「ネズミ一匹」で終わる可能性もありますね。
line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line