証人喚問 寄付についての印象

 籠池氏の証人喚問を見た。森友学園の小学校設立の経過に異例な事がいくつかあり、それらが森友に有利な事だったので、政治家の関与が推測された。そこで、その政治家は誰か、関与が適法なものだったのか、といふのが関心を呼んでゐるわけである。

 証人喚問が行はれる事になったきっかけは、籠池氏が安倍首相から100万円の寄付をもらったと発言した事だった。それで、喚問でも当然その点が取り上げられたが、最初に登場した自民党の西田氏は、作り話ではないかといふ印象を持たせるべく質問を構成してゐたが、籠池氏は寄付を事実とした。他の委員も取り上げたが、それらを総合してみると・・・。

 私には籠池氏に分があるやうに思へた。前回書いた通り、物証はなく、昭恵さんの言動だけが根拠だったが、その描写がかなり具体的だったからだ。推理小説などで「犯人しか知り得ない事柄」といふ表現があるが、昭恵さんが人払ひをして寄付金を渡した事、その際やその後の発言などがそれに当たるやうに思はれる。ただし、それらが作り話だといふ可能性を全否定はできない。

 人払ひについて、秘書か護衛かわからないが当日同行してゐた二人の官僚は、さういふ事はなかったと言ってゐるさうだ。それも「作り話」とする理由になってゐたが、口裏を合はせたといふ可能性も全否定はできない。仮に幼稚園の職員を喚問し、彼らが100万円入りの封筒を見たと証言しても同じことが言へる。要するに水掛け論なのである。

 従って、結局「印象」の問題になるわけで、私は上記の印象を持った。多くの国民が私と同じかどうかはわからないが、安倍首相を支持する人は、おそらく逆の印象を持ったと言ふだらう。


 一般的な事を言へば、かういふ場合の多くは権力側が有利である。権力側は「正史」を作る権限を持ってをり、正史は権力側に都合よく書かれるのが常である。正史云々はさてをき、一私人の主張ではなく政府の公式見解が事実とされる。前者が真実だったとしても、それはひっそりと語られるにすぎない。


 ところで、仮に私の印象の通り、安倍首相が寄付をしてゐたとする。その場合、彼の選挙区ではないから寄付自体は違法ではない。また、政治家が陳情を受けてそれに沿ふやう努力する事も違法ではない。政治家安倍晋三が、この件で籠池氏から陳情を受けた事実はない(*)やうだからそれは措くとして、適法な寄付行為をなぜ隠すのか。

 一つには額の大きさがあらう。収入から考へて、10万円以下なら特に隠す必要はあるまい。実例があるかは知らないが、靖国神社に参拝して玉串料を出す事は何度もやってゐる。5万円ほどらしいが、玉串料は寄付ではないもののそれに近い性格がある。しかし、100万円は寄付としては大金で、寄付先との特別な関係を推測される。一国の首相たる人物が、寄付によって一私人との関係を取り沙汰されるのは何かと不都合だらう。

 もう一つは、彼の教育方針に関はる重大事だ。籠池氏は幼稚園児に教育勅語を暗唱させてゐるが、小学校でもおそらくその方針を採るだらう。その教育勅語は公式に否定されてゐるが、良い事が書かれてゐるといふ主張も珍しくない。確かに、夫婦相和しとか朋友相信じなどの所謂徳目には「良い事」といふ評価ができる。しかし、教育勅語の核心は「以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ」にあり、敗戦後、新憲法に基づく国家再建に相応しくないから国会で失効確認の決議がされたのだ。

 さういふものを教育の根本理念とするのは、私立と言へども好ましくない。ましてや、総理大臣がさういふ学校の設立に向けて寄付するのは、仮令少額でも許されない。だから何としても隠し通す、と言ふよりしてゐない事にする必要があり、そのためには政府機関を総動員することもあり得る。もっとも、総動員すれば必ずどこかから漏れるから、実際には必要最小限だが、動かぬ証拠がない限り、それは成功する。


 なを、冒頭に書いた「異例」の件については、迫田氏などが参考人として招致される事になり、現状より実態が見えてくる可能性がある。それを見て記事を書くかどうかは未定だが、現状では不明なことが多いとしか言へない。


(*)籠池氏が、定期借地の期間を規定の10年より長くしてもらへないかと昭恵さんに頼み(携帯電話の留守メッセージ)、昭恵さん付きのタニサエコといふ人(官僚)が財務省に交渉し、彼女から難しいといふ返事をファックスでもらったといふ事で、彼が証言席でそれを読み上げた。依頼が事実だったとしても、安倍晋三への陳情ではない。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line