イギリス王室の開放性

 ついさきほど見たTV番組で知ったことだが、イギリス王室のウィリアム王子とキャサリン妃がラジオ番組に出演したといふ。

 DJ番組なのだが、その日はチャリティマラソンに出る女性を応援するといふ企画で、ある有名人に出演を依頼したがスケジュールが取れなかったため、バッキンガム宮殿に連絡したところ、承諾してくれたさうだ。その女性には大変なサプライズで、視聴者にとってもさうだったが、とにかく王子夫妻が登場した。

 すると、DJは気軽に日常生活の事を質問し、彼らも気さくに答へてゐた。子供向けのTV番組を家族みんなで見るとか、カレーの出前を取るとか、一般人とさほど違はない部分が紹介された。そして、番組本来の目的である曲紹介を王子夫妻が一つづつやった。王子は驚くほどうまかった。妃は緊張してうまくしゃべれなかったが、ともあれ無事に終わり、私同様うまさに驚いた本来のDJが、自分が休みの日に変はってくれないか?とジョークを飛ばし、王子もジョークで答へた。


 イギリスの王室がかなり開かれた状態であるのは知ってゐたが、ここまでとは思ひもしなかった。日本の皇室ではとても考へられない。どちらがいいとかいふ問題ではなく、あくまでも文化の違ひに感嘆した次第である。もっとも、眞子内親王が大震災の年の夏休みに現地でボランティア活動をしたが、だれも気付かなかったといふ話をユーチューブで見たことがある。それはイギリス風に少しづつ近づいてゐるのを意味してゐるかもしれないが、一般国民がさうと気づきながら自然に接するやうになるとは思へない。将来さういふ日が来るのか、それは今のところわからない。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line