望みが出てきた  その2

 
 この記事はちょっとした驚きだった。ヤフーニュースは偶に見ることがあるが、そこにコメント欄があるのは知らなかった。当然コメントの傾向も知らないが、この記事によると、ネトウヨの巣窟だったさうだ。「だった」と言ふのは、最近それが変化してゐるからだ。それには、同一人物が複数アカウントを使ふ事を禁じたのがかなり影響してゐるらしい。ヤフコメは一アカウント一回のみとされてゐるが、たくさんのアカウントで同内容のコメントを大量に書き込むといふ事が可能だったさうだ。それができなくなった事でネトウヨのコメントが激減したらしい。記事から一部引用する。

: 立教大学の木村忠正教授(ネットワーク社会論)とYahoo!ニュースが、2015年4月の1週間に配信した政治や社会など硬派なテーマの記事約1万件と、それに対するヤフコメ数10万件を共同で調査。すると、実に1週間で100回以上コメントを投稿した人が全体の1%おり、その1%の人たちによる投稿で全体のコメントの2割を形成していたことがわかったという(朝日新聞デジタル17年4月28日):

 ヤフーニュースを確かめてみると確かにコメント欄があり、コメントに「そう思う」「そう思わない」をポチする機能がついてゐた。してみると、「そう思う」をポチする回数の制限はできないと思はれるので、ネトウヨが複数回やった事も十分考へられる。それによって「共感順」が上がり、ますます目に触れる機会が多くなる。

 さて、その規制がなされた6/5以降、「ネトウヨの巣窟状態」に変化が起きたのだが、都議選での安倍晋三の応援演説に関するニュースには、安倍批判のコメントが大量にあったし、その前にも、稲田朋美への批判コメントがたくさんあったといふ。そして、従来はたくさんあった安倍や稲田への賛辞は影を潜めたさうだ。もちろんなくなったわけではないが、「共感順」が下がって目につかなくなったのだと思はれる。


 ところで、安倍の「こんな人たちに負けるわけにはいかない」といふ発言には、重大な意味がある。「民主主義をわかってゐない人物が民主主義国の総理大臣を務めてゐる」事を示してゐるからだ。

 確かにヤジは品のいいものではない。しかし、上品な会議以外ではヤジはつきもので、国会でもよくある事だ。問題の場面は、街頭での選挙運動といふ、政治家と一般国民が直に接する事のできる数少ないチャンスだ。聴衆の多くは演説する政治家を支持する人だらうが、反対の立場の者もゐる。さういふ者がヤジを飛ばすのはそのチャンスを生かす行為で、支持者が「さうださうだ」などと賛同の声を挙げるのと本質的に同じである。

 そのヤジは左翼が組織した集団によるもので、「左翼に負けるわけにはいかない」といふ意味だから問題はない・・・との言説があるが、これは状況を弁へない暴論だ。街頭演説は言論の自由の一環で、それへの反論も同様だ。ヤジは反論ではないが、演説できない立場から反対の意思表明をする事に他ならない。もっとも、「帰れ!」コールだったやうなので演説内容への反対表明とは言へないが、前述のやうに数少ないチャンスを有効に使った安倍批判である。演者たる安倍は、耳を傾ける必要はないにしても直接の声として聴いておくべきなのだ。大人ぶった者は、新聞や雑誌に投稿したり、選挙で意思表明せよと言ふかもしれないが、ヤジはそれよりはるかにインパクトがあるし、効果もすぐに期待できる。その事を、安倍支持者も含めて国民はよく知ってゐるのだ。

 それと、左翼が組織云々は当たってゐるかもしれないが、外れてゐる可能性も大いにある。仮に私がその場にゐたら、やはり「帰れ」とか「もう辞めろ」とかのヤジを飛ばしただらうが、個人としての行動である。聴衆の中にさういふ人がある程度ゐるのは自然な事だからだ。

 「こんな人たち」といふのは、さういふ健全な発言者を愚弄するもので、組織的なヤジであっても本質的には同じである。安倍晋三にはその事がわかってゐない。百歩譲って、わかってはゐるが組織的なヤジとさうでないヤジを区別したのだとしても、その場で聴衆にその事がわかるはづはないし、報道で知る全国の民衆にとっても同じだ。そして実際には、区別云々は後での言ひ訳に過ぎない事を多くの国民は見抜いてをり、だからこそヤフコメがさういふ状況になったのだらう。


 そんなわけで、この記事も「望みが出てきた」と感ずるに十分なものだった。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line