痛快!「良子掠奪」

 ようつべで森昌子の歌を聴いてゐたのだが、動画の脇にある案内に「風と雲と虹と」があった。森昌子が役者として出演してゐたからだった。

 「風と・・・」は平将門を扱ったNHKの大河ドラマで、将門が好きだった私は毎回観たのだが、森昌子の出演は記憶がなかった。何十年も前の事で仕方がないが、ともあれ彼女が出演した6回分がアップされてゐた。最初のものを見ると、将門の地盤である豊田の村娘といふ役どころだったが、ドラマの流れとしては将門の結婚が近づいてゐる頃だった。

 将門夫妻は相思相愛だったと記憶してゐるが、細かいいきさつはやはり忘れてゐる。ちょうどいい事に、それが描かれた連続2回分に昌子が出てゐて、改めて観ることができた。


 さて、周りから結婚をせかされる年齢になってゐた将門には思ひ人があった。従妹の良子である。幼い頃と、やや成長した頃にしか会ってゐないらしいが、ずっと心の底に留めてゐたやうだ。そして、思ひ切って婚姻の申し込みをする。仲介者を立てて良子の父平良兼に申し込むのだが、良兼には、頭の上がらない後妻詮子(せんこ)がゐた。詮子は、自分の弟である源扶(たすく)との縁組を主張する。彼女は源家の発展だけを考へる女で、これもその一環なのだが、良兼は言ひなりになって申し込みを断る。

 一方、良子も将門に思ひを寄せてゐた。つまり二人は意思の通じてゐない相思相愛だったのだ。しかし、さういふ流れで扶に嫁ぐ段取りが進んでしまふ。なほ、扶は女癖が悪く、将門もそれを知ってゐたので、破談は仕方ないにしても相手が扶といふことには穏やかならざる気持ちだった。

 それが934年の夏から秋にかけての事だった。ところで、将門のところに新たに雇われた雑用係の若い男がをり、彼には源家のある地域に恋人があって、しょっちゅう往来してゐた。その恋人は源家の情報にも詳しく、将門は彼を通じて翌年2月といふ祝言の日取りを知る。更に、前日に良子が移動する事まで探り出し、途中で奪ふ計画を立てる。実は、その決断には、森昌子扮する村娘・桔梗の「欲しければ取ればいい」といふ言葉が影響してゐたのだった。

 いよいよ決行の日、物見役の件の若者と幼い頃から仕へてゐる郎等一人を従へ、現場に赴く。詳細は後述するが、とにかく作戦は成功し、館に戻った将門は、何も知らなかった者たちに非難される。それには答へず、母を別室に誘って良子と祝言を挙げると伝へる。その固い気持ちを知った上で、女の気持ちが分かる母は良子の意志を確かめに行く。良子は掠奪といふ手段に反発するのだが、それに至る経緯を知らされて納得し、喜んで妻になることを表明する。この辺はじんとくる所だ。


 さて、やはり掠奪のシーンが痛快である。行列が近づいた事を告げた若者をお役御免として帰し、二人で行列の通る道筋の脇に潜む。頃合いを見計らって弓を引く。腕を射られた武士が落馬する。その混乱に乗じて騎馬で突込み、良子を奪ふ。あっといふ間の早業で、追撃はかなりの後れを取ってしまふ。途中で良子の笠を見つけ、居合わせた女に尋ねるが、女は知らぬと言ふ。改めて道を進むがなぜか行き止まりになってをり、迷ったと思って引き返す。彼らが去って女が合図すると、木や草で隠されてゐた道が現れる。作業をした者たちは、将門が都で勤務してゐた期間に知り合った傀儡使ひで、その実体は忍者のやうな特殊技能グループだったのだ。

 逃げる途中、将門は良子に名乗り、妻にすると伝へるが、良子は素直に受け入れない。嬉しい気持ちもあるはづだが、突然の出来事だし、なぜ掠奪なのか理解できないから当然だらう。そして、すでに書いた通りの結末になる。


 それにしても、この痛快なシーンも全く記憶に残ってゐない。調べてみると1976年の放映だった。私は1974年の12月に旭川に転勤し、翌年秋の結婚が決まってゐたので、その春か夏にTVを買ってゐた。夜遅い帰宅でまともにTVを見れるのは日曜日しかないし、さほど観たいとも思ってゐなかったから、札幌で一人暮らしの頃は持ってゐなかった。しかし、専業主婦にTVは必需品と思ったのだった。ところが偶然の賜物か、翌年の大河ドラマがこれで、日曜夜といふ事は知ってゐたので喜んだのだった。ともあれ、41年も前なら、記憶が定かでないどころか、ほとんどないのもむべなるかな・・・
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line