史観と精神分析

 「学び舎」といふ出版社があり、中学校の歴史教科書を発行してゐるといふ。ほかの出版物は知らないが、その教科書を採択した学校に対して文書で抗議するといふ動きがあったらしい。抗議の理由は慰安婦問題に触れてゐる事で、さういふ教科書はこれだけだが採択したのは少数の私立学校だった。

 その方法は大量の葉書を送りつけるといふもので、詳しくは下の()内にリンクさせたページにある。いかにもありさうな話だが、学校に抗議するのは本来筋違ひだらう。その教科書は文科省の検定を通過した複数のうちの一つだからだ。慰安婦問題に触れてゐるのが気に入らないなら、文科省に抗議するのが筋である。

 おそらくかういふ事だらう。文科省に抗議しても門前払ひに近い対応をされると思はれるし、仮にきちんと対応しても最終的には拒否されるだらう。奇跡的に成功して次回の検定には通らないといふが起こったとしても、かなり時間がかかる。出版社に抗議するのは自由な言論に対する妨害だからできるはづがない。そこで採択した学校への抗議といふ形をとったのだらう。

 学校の判断を批判するのは自由だが、脅しのやうな文言で「抗議」するのはまともな批判ではない。それらの学校は圧力と感じ、自由な教育の抑制を懸念してゐる。その圧力に屈するとは思へないが、じわじわと影響を与へる虞がないとは言へない。(以上は二つあったリテラの記事で知った事を基にしてゐるが、二つ目にはNHK「クローズアップ現代」の内容紹介もある)

 かういふ動きの元になってゐるのは、戦後の歴史学、特に近代史学を「自虐史観」によるものとし、日本は正しかったとする考へ方である。それに対しては歴史修正主義といふ批判があり、現代における大きな思想対立の軸となってゐる。



 ところで私には、「自虐史観」を批判するネット上の友人がゐる。彼によれば、自国の歴史における負の部分を正当化するのは当然の事で、負の部分を負として捉へるのは心の病に冒されてゐるのだといふ。負の部分の正当化は、精神分析で言ふ防衛機制のうちの「合理化」に相当し、それがができないのは心の病、従って「自虐史観」を持つ者は心を病んでゐるといふわけである。

 私は精神分析や心理学の素人だが、少し勉強したり詳しい友人に尋ねたりして一応理解したところによれば、防衛機制は主に心の安定のために発動されるが、その態様によって肯定的にも否定的にも働き得る。従って、「合理化」すれば健全な精神状態でゐられると断定できるわけではない。また、心が安定してゐれば「合理化」を含めて防衛機制の出番はなく、「合理化」しない事が心を病んでゐる事の証明になるわけでもない。

 精神分析は難解だし、「精神分析事典」(小此木敬吾・北山修編)によれば、防衛機制の研究は発展途上らしく、諸説あって整理は未だ不十分との事だ。多少齧っただけの自分に上記(100%正しいといふ自信もない)以上の事は言へないが、精神分析の理論を歴史を見る態度に適用する事の是非については言へる。自国の歴史を自分自身の過去を見るやうに見る、といふ事はあっても不思議ではないが、それが当然の態度であり、従って心理学や精神分析の理論が適用できると考へるのは乱暴に過ぎる。と言ひながらも、敢て当該部分に限って適用すれば、負の部分を正当化しないからと言って心の病と「診断」する事はできないと考へるべきだらう。

 そもそも、自国の歴史を学ぶ(研究する)にあたって、負の部分を負として認識し、将来の参考にするのはあるべき姿勢であり、負の部分を正当化するのは、それに反する。もっとも、負の部分の認識が実は誤ってゐたといふ事もあらう。過去に正しいとされてゐた事が歴史学や考古学の進展によって誤りと判明し、訂正されるのは正負に関係なく時々あり、学問の成果として受け入れるべき事だ。しかし、例へば「大陸進出は侵略ではなかった」「南京虐殺はなかった」などといふのは歴史の捏造である。当時の日本は非難されるやうな事はしてゐないといふ先入観の下に、定説と少しでも違ふ部分を探し出し、それを針小棒大に言ふ事によって、その先入観があたかも正しい認識であるかのやうに粉飾してゐるのだ。「歴史修正主義」とされる所以である。

 件の友人は、さういふ事まで肯定してゐるわけではないが、負の部分に対して、「さうせざるを得なかった」「それなりの理由があった」などの正当化を積極的に肯定する。その正当化には相応の理解ができるが、国民としては正当化するのが当然でしないのは心の病、と断ずるに及んでは、心理学的知見(正しいか否かはさておき)を安易にに適用した暴言と言はざるを得ない。


 ともあれ、史観を要因とする思想対立は、今後も続くばかりか激化すると予想される。歴史修正主義に近く、明治憲法の方向に戻す改憲を狙ふ安倍晋三が首相を務めてゐる現在、その勢力は水を得た魚のやうであり、「学び舎」の教科書の件もその一つの現れだらう。まだ少数派であるとはいへ、一般大衆は声の大きい方に引きずられる傾向を持ってゐるから、安倍政権が更に長引くと少数派とは言へなくなるかもしれない。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line