島津亜矢コンサート

 彼女のファンでは全然ないが、歌のうまさはよく知っている。あるルートから二人分の招待券が手に入り、友人と行ってきた。

 八分から九分程度の入りで、満席にするほどの人気がここではないようだった。また、客は高齢者が多く、わずかに見つけた若い人でも50歳近くに見え、平均は65歳を超えると思われた。やはり現代は、演歌が若者に受けない時代なのだろう。

 さて、コンサートは彼女らしい迫力のある熱唱が続いたが、赤いかわいらしいドレスで「UFO」を歌ったのは意外だった。演歌ばかりとは思っていなかったし、実際他ジャンルの曲も盛り込まれていたが、ピンクレディをやるとは思いもよらなかった。子供のころ姉とよく歌ったそうだ。1971年生まれの彼女にとって、物心ついた頃、ピンクレディは大スターだったわけだ。そういえば、今50歳くらいまでの女性には、ピンクレディの曲をフリつきで歌える人が多いらしく、彼女はその最若年あたりかもしれない。もちろん今日もフリつき(彼女はケイちゃん、ミーちゃん役はバンドの男性)だった。

 他ジャンルといえば、軍歌の「戦友」も歌った。私は三番までしか知らず、もっと長いということは聞いていたが、全編通しては以前TouTubeで聴いただけ、多分5~6分かかった島津亜矢の歌唱は、それとは比較にならない、すばらしいものだった。私としては、鶴の恩返しに題材をとった「おつう」と並んで、もっとも印象に残っている。

 入場の時にくれたファンクラブの雑誌に、CDやDVDが紹介されていたが、その中に去年のコンサートのライブがあった。内容を見るとやはり「戦友」が入っており、彼女にとっては思い入れがあるらしい。合間のトークでも、おじいさんから戦争中のことを聞いて色々考えさせられた、と話していた。


 ファンというわけでなくても、うまい歌手を生で聴くのはいいものだ。それを満喫した二時間だった。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line