インターネット・パケット通信とスプートニク1号の関係

 インターネットが軍事目的で開発されたということは聞いていたが、具体的なことは知らなかった。

 ところが、あるTV番組で偶然それを知ることができた。パケット通信といえば、携帯メールでよく聞く言葉だが、その解説の中で触れられていたのだ。

 時は50年以上さかのぼる。1957年、ソ連が人工衛星の打ち上げに成功した。スプートニク1号だが、アメリカは宇宙からの攻撃の可能性に備えることを考えた。その中で通信施設への攻撃を考えると、主要都市にある中継施設をいくつか破壊されると通信が麻痺する。攻撃が避けられないとすれば、攻撃されてもダメージを受けないようにするしかない。そこで、中継施設を細分化し、一部が破壊されても全体の通信網は守られる、という方法を編み出した。それが小規模なネットワーク同士をつなぐ「インターネット」、それに対応して、1本の回線で複数の通信を可能にしたのが「パケット(小包)通信」というわけだ。

 インターネットが一挙に世界中に広がったのは1990年代初めの2~3年だという。それから15年ちょっとしか経っていないが、パソコンの普及とあいまって、今では小学生でもネットでいろんなことをやる時代になっている。


 否応なしに時代は変化するし、変化のスピードも速い。団塊世代の私は、今のところなんとか乗り遅れずにいる(と思う)が、10年後も乗り遅れていない、という自信は残念ながら持てない。ただ、時代について行けなくなったとき、やっかみ半分に「昔はよかった」と言うことは、絶対にしないつもりである。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line