アメリカ独立記念日と日本の「誕生日」 その1

 今日7月4日はアメリカの独立記念日だ。もちろん祝日だが、今年は土曜日と重なり、その場合金曜日に繰り上げられるから3日も休みだという。土日が休みの国だからなるほどと思った。

 誰でも知っているように独立宣言が出された日で、アメリカは国の成り立ちがはっきりしている。日本には「建国記念の日」があり、これが法制化されるときには賛否両論が渦巻いたが、提案した政府の説明は、”人に誕生日があるように、国にも誕生日があるのが自然だ。日本はそれがはっきりしていないが、この国を打ち立てた先人の労苦を忍ぶ日とする意味である。だから「の」を入れてある”というものだった。

 なぜ2月11日なのかは、「紀元節」だったからであり、それが皇国史観の復活につながるというのが、反対派の挙げる主な理由だった。むしろ8月15日や5月3日がふさわしいのではないか、という意見も多くあった。

 しかし、前者は敗戦の日であって誕生日というにはめでたさに欠けるし、後者はすでに憲法記念日という祝日だ。また、講和条約発効の4月28日を、という考えもあり、10年ほど前からこの日を祝日にしようという運動があるらしいが、一般には知られていない。そして三つとも、この国の歴史からみてあまりにも最近であり、誕生日という感覚にはなりにくい。その意味では、2月11日は申し分ないのだが、いかんせん史実性が全くない。神武神話を歴史に牽強付会したに過ぎないからだ。

スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line