直江兼続と石田三成

 「天地人」、今日の内容はとても面白かった。

 三成が秀吉の名の下に採る様々な政策に、兼続は理解を示しながらもその冷酷な側面を批判的に見て忠告もしたのだが、秀次の謀反(これすら三成の陰謀か?)で一族をすべて処刑したのを見て改めて疑問を持つ。しかし、久しぶりに会った初音の言葉をきっかけに三成の心中を察し、積極的な協力を考える。

 その結果が、合議を行う大老と大老を補佐する奉行の設置だった。それを話し合うシーンは、有能な若者が国の将来設計を考えるという、幕末を思わせる希望に満ちたものだった。豊臣政権における五大老・五奉行の発足に、兼続がかかわったのが史実かどうか知らないが、いい場面であった。

 この二人は、後に関ヶ原の合戦につながる動きをしたという説があってなかなか面白い。それは近々このドラマでも描かれると思うが、おそらくその説に立った展開になるだろう。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

歴史は繰り返される・・・

様々な歴史小説は、その主人公となる人間の側面から見て、その感情面や人間関係を描いているので、ある時はすげーヒーローだけど、ある時はすんごぃ悪者(-"-;);; 
どれが正しいの??って思うときもあるけど、やはりその時代の当人達はみんな正しいのでしょうね^^
だれだって、自分のやっていることが悪いことだと思ってやってる人はいないでしょうからね。
いつの時代でも、人間の考え方は千差万別。
自分の信じた正しい方向へと向かって行動していくのでしょう。。。
歴史は繰り返す。。。。

でも戦争にだけはなってほしくない。
これは、祈る姿が元となってできた『女』という漢字の通り、おなご達の永遠の願いなんではないでしょうか。

なるほど

 戦を嫌うのは女の常ですね。男も、できれば戦は避けたいと思っているんですがね。

 囲碁では、女流の方がケンカ好きなようで、ちょっと不思議です^^
line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line