総理大臣・鳩山由紀夫

 「総選挙のヤマカン予想」は大きくはずれた。あの記事を書いた後、マスコミでは民主党が300前後獲得という、世論調査に基づく予測がされていた。ちょっと信じられない思いだったが、終わってみれば308、自民党は惨敗としか言いようがない。

 これで民主党は単独政権を作れる議席を得たが、選挙前の取り決めがあるので、社民党・国民新党との連立政権が誕生することになる。そのことの歴史的意義などについては、マスコミがいろいろやっているからお任せし、ここではちょっと違う視点から書いてみよう。

 その視点とは、総理大臣の出自である。岸信介の孫・福田赳夫の子・吉田茂の孫・鳩山一郎の孫、と四人続けて元総理の直系ということになる。ただし、それ自体の善悪を云々するつもりはない。四人の元総理の中で一番の大物はやはり吉田だろう。その孫麻生太郎は大したこともできぬままほぼ一年で座を降りることになった。次は岸かな?孫の安倍晋三はやはり一年くらいで病気リタイア、福田と鳩山はこれをやった、という実績の記憶があまりないが、福田の子康夫も一年そこそこで政権放棄、短命の理由はともかく、いずれも祖父や父に見劣りする。

 さて鳩山の孫由紀夫はどうなのか、 まずは短命に終わらないことが評価の前提になる。よほど劇的な事がない限り、少なくとも2回の予算編成とその成り行きを見ないと、前の三人同様実績云々以前の話になってしまうからだ。来年夏の参院選ではわずかの議席減が最低ラインだろう。そのためには、マニフェストをきちんと実行し、すぐにできないものはその筋道を納得できる形で明示しなければならない。もしそれが国民に支持されれば、仮に短命でも評価は高くなるが・・・。

 詳しいことはさておき、歴史的な政権交代という意味では小沢や菅が首相でも同じだが、それに加えて、血筋という意味で鳩山由紀夫首相に注目する次第である。

 
スポンサーサイト
line

comment

Secret

ダーウィンの法則

私も、今回は民主党が勝ち過ぎたように思います。
あまりにも長過ぎた自民党中心の政権に対しての、変化への期待の結果だと見ています。

また、私が注目したのは、読売のこの記事です。
------------------------------------------
自民歴史的惨敗

「自民党衰退の最大の理由は、時代と環境の変換に合わせた自己改革ができなかったことだ

東西冷戦後の国家目標を定められず、保守政党としての新たな理念や使命を示せなかった」

読売 8月31日朝刊見出し
---------------------------------------
このことは、企業経営についても、また個人についてもいえることかも知れません。
こんな、言葉を思い出しました。

「ダーウィン(が唱えた進化論)の法則は、変化し続けた者だけが生き残ることを示している。大きく、強く、賢いから生き残るのではない。
「樋口武男著 熱湯経営 大組織病に勝つ」

かつて地中海沿岸全域を支配した強大な古代ローマ帝国。衰亡した原因は、過去の成功体験にとらわれ、組織としての改革ができなかったことだと言わる。



ある有識者のコメントですが・・・自民党は、実績を強調して任せてくださいとしか言わなかった。民主党はビジョンを提示した。その実現の可能性はさておき、その姿勢の差が大きかったのではないか。

 「自民党をぶっこわす」という小泉氏の言葉は、郵政選挙でのゴタゴタでこわれかけた程度にしか実現しなかったわけで、その後の自民党は、いかに選挙で勝つかしか頭になかったようです。

 その結果の民主党の勝ちすぎであり、ちょっと油断するとすぐ逆のことが起こるはず、真価を問われるのはこれからですね。
line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line